ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

HDL Floating Point Operations

ターゲット ハードウェアの RAM ブロックにマッピングされる HDL ブロック

HDL Floating Point Operations ライブラリは、数学関数と三角関数およびネイティブ浮動小数点モードでの HDL コード生成用に構成されたブロックから成ります。HDL Coder™ をインストールしている場合、このシステムから HDL コードを生成できます。

関数

hdllibHDL コード生成と互換性のあるブロックの表示

ブロック

すべて展開する

Abs入力の絶対値の出力
Add入力の加算または減算
Subtract入力の加算または減算
Sum of Elements入力の加算または減算
Divide一方の入力を他方の入力で除算
Product of Elements1 つのスカラー入力のコピーまたは逆数、あるいは 1 つの非スカラー入力をベクトルやスカラーに変換
Sum入力の加算または減算
Productスカラー、非スカラーの乗算と除算、あるいは行列の乗算と逆行列
Gain入力に定数を乗算
Math Function数学関数を実行
Trigonometric Function入力に対する指定された三角関数
Data Type Conversion入力信号を指定されたデータ型へ変換
Discrete FIR FilterFIR フィルター モデル
Discrete PID Controller離散時間と連続時間の PID コントローラー
Discrete-Time Integrator信号の離散時間積分または累積の実行
Discrete Transfer Fcn離散伝達関数を実現
Float Typecast浮動小数点型から符号なし整数、またはその逆への型変換
Rounding Function信号に対して丸め関数を適用

トピック

Float Typecast ブロックの使用方法

Float Typecast ブロックを使用して入力を浮動小数点または固定小数点にキャストする。

関連情報