ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

HDL Coder

HDL 最適化ブロック

HDL Coder ライブラリには、HDL コード生成用の既定値をもった、他のブロック ライブラリのブロックが含まれています。HDL Operations ライブラリには、一般的なハードウェア コンポーネントをモデル化する HDL に最適化されたブロックが用意されています。HDL Coder ライブラリの HDL Operations ブロックやその他のブロックを使用して、HDL コード生成用のシステムの設計とシミュレーションを行います。HDL Coder™ ライセンスがある場合、このシステムから HDL コードを生成できます。HDL Coder ライセンスがない場合は、これらのブロックを使用して設計とシミュレーションを行うことはできますが、HDL コードを生成することはできません。

  • Discrete
    HDL コード生成用に最適化されている Discrete ライブラリのブロック
  • HDL Subsystems
    同期リセットを指定して動作を有効にする HDL ブロック
  • HDL Operations
    ハードウェア コンポーネントをサポートし、ターゲット ハードウェアで達成可能なクロック周波数を改善する HDL ブロック。
  • HDL RAMs
    ターゲット ハードウェアの RAM ブロックにマッピングされる HDL ブロック
  • HDL Floating Point Operations
    ターゲット ハードウェアの RAM ブロックにマッピングされる HDL ブロック
  • Logic and Bit Operations
    HDL コードの生成用に最適化された Lookup Table ブロック
  • ルックアップ テーブル
    HDL コードの生成用に最適化された Lookup Table ブロック
  • Sources
    システムへの入力を提供するブロック