Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ゼロクロッシング コントロール

説明

モデルの可変ステップ シミュレーション時にゼロクロッシング検出を有効にします。ほとんどのモデルの場合、これによってソルバーのタイム ステップを大きくできるため、シミュレーションが高速化します。

カテゴリ: ソルバー

設定

既定の設定: ローカル設定を利用

ローカル設定を利用

ゼロクロッシング検出がブロック単位で有効になることを示します。指定可能なブロックの一覧については、動的システムのシミュレーションの段階を参照してください。

いずれか 1 つのブロックに対してゼロクロッシング検出を指定するには、そのブロックのパラメーター ダイアログ ボックスを開いて、[ゼロクロッシング検出を有効にする] オプションを選択します。

すべて有効

モデル内のすべてのブロックに対してゼロクロッシング検出を有効にします。

すべて無効

モデル内のすべてのブロックに対してゼロクロッシング検出を無効にします。

ヒント

  • ほとんどのモデルの場合、ゼロクロッシング検出を有効にするとソルバーのタイム ステップを大きくできるため、シミュレーションが高速化します。

  • 非常に動的な変更がモデルにある場合は、このオプションを無効にするとシミュレーションが高速化する場合がありますが、シミュレーションの結果の精度が低くなる可能性もあります。詳細は、ゼロクロッシング検出を参照してください。

  • [すべて有効] または すべて無効 を選択すると、個々のブロックに対するローカルのゼロクロッシング検出設定がオーバーライドされます。

依存関係

このパラメーターは、ソルバーの [タイプ][可変ステップ] に設定されている場合にのみ有効になります。

ローカル設定を利用 または [すべて有効] を選択すると、次のパラメーターが有効になります。

  • 時間の許容誤差

  • 連続するゼロクロッシングの数

  • アルゴリズム

コマンド ライン情報

パラメーター: ZeroCrossControl
値: 'UseLocalSettings' | 'EnableAll' | 'DisableAll'
既定の設定: 'UseLocalSettings'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

関連するトピック