Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

サポートされないデータ ログ

説明

データのログ作成が有効な状態で、このモデルがデータ ログでTo WorkspaceブロックまたはScopeブロックを含むときに行う診断アクションを選択します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: 警告

なし

Simulink® ソフトウェアはいかなるアクションも実行しません。

警告

Simulink ソフトウェアが警告を表示します。

エラー

Simulink ソフトウェアはシミュレーションを終了し、エラー メッセージを表示します。

ヒント

  • 既定のアクションでは、Simulink ソフトウェアは参照モデルのデータをログするためのこれらのブロックの使用をサポートしないことを示す警告が表示されます。

  • このモデルの参照からの信号をログする方法については、モデル参照を使用するモデル信号ログ設定のオーバーライドを参照してください。

コマンド ライン情報

パラメーター: ModelReferenceDataLoggingMessage
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'warning'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策エラー

関連するトピック