Main Content

テスト デバイス ベンダーとタイプ

説明

モデルから生成されたコードのテストに使用するハードウェアの製造元とタイプを選択。

カテゴリ: ハードウェア実行

設定

既定の設定: Intelx86–64 (Windows64)

  • AMD

  • ARM Compatible

  • Altera

  • Analog Devices

  • Apple

  • Atmel

  • Freescale

  • Infineon

  • Intel

  • Microchip

  • NXP

  • Renesas

  • STMicroelectronics

  • Texas Instruments

  • ASIC/FPGA

  • Custom Processor

AMD® オプション:

  • Athlon 64

  • K5/K6/Athlon

  • x86–32 (Windows 32)

  • x86–64 (Linux 64)

  • x86–64 (macOS)

  • x86–64 (Windows64)

ARM® オプション:

  • ARM 10

  • ARM 11

  • ARM 7

  • ARM 8

  • ARM 9

  • ARM Cortex-A

  • ARM Cortex-M

  • ARM Cortex-R

  • ARM Cortex

  • ARM 64 ビット (LP64)

  • ARM 64 ビット (LLP64)

Altera® オプション:

  • SoC (ARM CortexA)

Analog Devices® オプション:

  • ADSP–CM40x (ARM Cortex-M)

  • Blackfin

  • SHARC

  • TigerSHARC

Apple オプション:

  • ARM64

Atmel® オプション:

  • AVR

  • AVR (32-bit)

  • AVR (8-bit)

Freescale™ オプション:

  • 32-bit PowerPC

  • 68332

  • 68HC08

  • 68HC11

  • ColdFire

  • DSP563xx (16-bit mode)

  • HC(S)12

  • MPC52xx

  • MPC5500

  • MPC55xx

  • MPC5xx

  • MPC7xxx

  • MPC82xx

  • MPC83xx

  • MPC85xx

  • MPC86xx

  • MPC8xx

  • S08

  • S12x

  • StarCore

Infineon® オプション:

  • C16x, XC16x

  • TriCore

Intel® オプション:

  • x86–32 (Windows32)

  • x86–64 (Linux 64)

  • x86–64 (macOS)

  • x86–64 (Windows64)

Microchip オプション:

  • PIC18

  • dsPIC

NXP オプション:

  • Cortex—M0/M0+

  • Cortex—M3

  • Cortex—M4

Renesas® オプション:

  • M16C

  • M32C

  • R8C/Tiny

  • RH850

  • RL78

  • RX

  • RZ

  • SH-2/3/4

  • V850

STMicroelectronics®:

  • ST10/Super10

Texas Instruments™ オプション:

  • C2000

  • C5000

  • C6000

  • MSP430

  • Stellaris Cortex—M3

  • TMS470

  • TMS570 Cortex—R4

ASIC/FPGA オプション:

  • ASIC/FPGA

ヒント

  • デバイス ベンダーを選択してからデバイス タイプを選択します。

  • デバイス タイプを選択すると、システム制約を定義するハードウェア デバイスが指定されます。

    • 既定のハードウェア プロパティが初期値として表示されます。

    • 使用可能な値が 1 つしかないパラメーターは変更できません。

    • 使用可能な 1 つを超える値をもつパラメーターでは有効な値のリストが表示されます。

    次の表は、各デバイス タイプの値の一覧です。

    メモ: 浮動小数点または double (表には含まれていません) は常に、それぞれ 32 および 64 に等しくなります。
    丸め = [符号付き整数の除算の丸め]
    右にシフト = [算術シフトとして符号付き整数を右にシフト]
    long long = [long long のサポート]
    デバイス ベンダー / デバイス タイプビット数最大 Atomic サイズバイト順丸めの方向右にシフト long long
    charshortintlonglong longnativeポインターsize_tptrdiff_tintfloat
    AMD
    Athlon 6481632646464646464charなしリトル エンディアンゼロ方向
    K5/K6/Athlon81632326432323232charなしリトル エンディアンゼロ方向
    x86–32 (Windows32)81632326432323232charFloatリトル エンディアンゼロ方向
    x86–64 (Linux 64)81632646464646464charFloatリトル エンディアンゼロ方向
    x86–64 (macOS)81632646464646464charFloatリトル エンディアンゼロ方向
    x86–64 (Windows64)81632326464646464charFloatリトル エンディアンゼロ方向
    ARM Compatible
    ARM 7/8/9/1081632326432323232LongFloatリトル エンディアンゼロ方向
    ARM 1181632326432323232LongDoubleリトル エンディアンゼロ方向
    ARM Cortex81632326432323232LongDoubleリトル エンディアンゼロ方向
    ARM 64 ビット (LP64)81632646464646464LongDoubleリトル エンディアンゼロ方向
    ARM 64 ビット (LLP64)81632326464646464LongDoubleリトル エンディアンゼロ方向
    Altera
    SoC (ARM Cortex A)81632326432323232charなしリトル エンディアンゼロ方向
    Analog Devices
    ADSP-CM40x (ARM Cortex-M)81632326432323232LongDoubleリトル エンディアンゼロ方向
    Blackfin81632326432323232LongDoubleリトル エンディアンゼロ方向
    SHARC323232326432323232LongDoubleビッグ エンディアンゼロ方向
    TigerSHARC323232326432323232LongDoubleリトル エンディアンゼロ方向
    Apple
    ARM6481632646464646464charFloatリトル エンディアンゼロ方向
    Atmel
    AVR8161632648161616charなしリトル エンディアンゼロ方向
    AVR (32-bit)81632326432323232charなしリトル エンディアンゼロ方向
    AVR (8-bit)81616326416161616charなしリトル エンディアンゼロ方向
    Freescale
    32-bit PowerPC81632326432323232LongDoubleビッグ エンディアンゼロ方向
    6833281632326432323232charなしビッグ エンディアンゼロ方向
    68HC0881616326488168charなしビッグ エンディアンゼロ方向
    68HC11816163264881616charなしビッグ エンディアンゼロ方向
    ColdFire81632326432323232charなしビッグ エンディアンゼロ方向
    DSP563xx (16-bit mode)81616326416161616charなしリトル エンディアンゼロ方向
    DSP5685x81616326416161616charFloatリトル エンディアンゼロ方向
    HC(S)1281616326416161616charなしビッグ エンディアンゼロ方向
    MPC52xx、MPC5500、MPC55xx、MPC5xx、PC5xx、MPC7xxx、MPC82xx、MPC83xx、MPC86xx、MPC8xx81632326432323232Longなしビッグ エンディアンゼロ方向
    MPC85xx81632326432323232LongDoubleビッグ エンディアンゼロ方向
    S0881616326416161616charなしビッグ エンディアンゼロ方向
    S12x81616326416161616charなしビッグ エンディアンゼロ方向
    StarCore81632326432323232charなしリトル エンディアンゼロ方向
    Infineon
    C16x, XC16x81616326416161616charなしリトル エンディアンゼロ方向
    TriCore81632326432323232charなしリトル エンディアンゼロ方向
    Intel
    x86–32 (Windows32)81632326432323232charFloatリトル エンディアンゼロ方向
    x86–64 (Linux 64)81632646464646464charFloatリトル エンディアンゼロ方向
    x86–64 (macOS)81632646464646464charFloatリトル エンディアンゼロ方向
    x86–64 (Windows64)81632326464646464charFloatリトル エンディアンゼロ方向
    Microchip
    PIC18816163264882424charなしリトル エンディアンゼロ方向
    dsPIC81616326416161616charなしリトル エンディアンゼロ方向
    NXP
    Cortex—M0/M0+81632326432323232LongDoubleリトル エンディアンゼロ方向
    Cortex—M381632326432323232LongDoubleリトル エンディアンゼロ方向
    Cortex—M481632326432323232LongDoubleリトル エンディアンゼロ方向
    Renesas
    M16C81616326416161616charなしリトル エンディアンゼロ方向
    M32C81616326416161616charなしリトル エンディアンゼロ方向
    R8C/Tiny81616326416161616charなしリトル エンディアンゼロ方向
    RH85081632326432323232charなしリトル エンディアンゼロ方向
    RL7881616326416161616charなしリトル エンディアンゼロ方向
    RX81632326432323232charなしリトル エンディアンゼロ方向
    RZ81632326432323232LongDoubleリトル エンディアンゼロ方向
    SH-2/3/481632326432323232charなしビッグ エンディアンゼロ方向
    V85081632326432323232charなしリトル エンディアンゼロ方向
    STMicroelectronics
    ST10/Super1081616326416161616charなしリトル エンディアンゼロ方向
    Texas Instruments
    C2000161616326416321616Intなしリトル エンディアンゼロ方向
    C5000161616326416161616Intなしビッグ エンディアンゼロ方向
    C600081632406432323232Intなしリトル エンディアンゼロ方向
    MSP43081616326416161616charなしリトル エンディアンゼロ方向
    Stellaris Cortex—M38163232632323232LongDoubleリトル エンディアンゼロ方向
    TMS47081632326432323232LongDoubleリトル エンディアンゼロ方向
    TMS570 Cortex—R481632326432323232LongDoubleビッグ エンディアンゼロ方向
    ASIC/FPGA
    ASIC/FPGANANANANANANANANANANANANANANANA
  • 使用しているハードウェアが一覧のタイプのいずれとも一致しない場合、[カスタム] を選択します。

  • [デバイス ベンダー] および [デバイス タイプ] フィールドは、コマンド ライン パラメーター TargetHWDeviceType を共有します。このパラメーターをコマンド ラインで指定する場合、デバイス ベンダーとデバイス タイプの値を -> 文字を使用して区切ります。次に例を示します。'Intel->x86-64 (Linux 64)'

  • Simulink® Coder™ ライセンスをもち、既定の設定に [デバイス ベンダー] および [デバイス タイプ] の値を追加する場合は、新しいハードウェア デバイスの登録 (Simulink Coder)を参照してください。

依存関係

[デバイス ベンダー] および [デバイス タイプ] パラメーターの値には、選択されたハードウェア ボードの利用可能なデバイス サポートが反映されます。

利用可能なメニュー オプションは [デバイス ベンダー] パラメーター設定により異なります。

デバイス ベンダー ASIC/FPGA を除き、デバイス タイプを選択すると、次のパラメーターが設定されます。

  • ビット数: char

  • ビット数: short

  • ビット数: int

  • ビット数: long

  • ビット数: long long

  • ビット数: float

  • ビット数: double

  • ビット数: native

  • ビット数: pointer

  • ビット数: size_t

  • ビット数: ptrdiff_t

  • 最大 Atomic サイズ: integer

  • 最大 Atomic サイズ: floating-point

  • バイト順

  • 符号付き整数の除算の丸め

  • 算術シフトとして符号付き整数を右にシフト

  • long long のサポート

デバイス固有のパラメーターの値を変更できるかどうかは、デバイス タイプにより異なります。

コマンド ライン情報

パラメーター: TargetHWDeviceType
型: 文字ベクトル
値: 任意の有効な値(「ヒント」を参照)
既定の設定: 'Intel->x86–64 (Windows64)'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策

[テスト ハードウェアを製品ハードウェアと同じにする] がオンになっている場合は影響なし。オンになっていない場合は、推奨なし。

関連するトピック