Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

単一のシミュレーション出力

説明

単出力形式の sim コマンドを有効にします。

[インポート/エクスポート] ペインで単一のシミュレーション出力オプションをチェックし、シミュレーションを対話形式で実行する場合に Simulink.SimulationOutput オブジェクトでシミュレーション出力を取得します。シミュレーション出力には、信号、状態、出力、DSM のログ、スコープ、toworkspace ブロックのログが含まれます。

カテゴリ: Data Import/Export

設定

既定の設定: オン

このオプションを有効にした場合:

  • [実行] をクリックしてシミュレーションを実行した場合、Simulink® によって、すべてのシミュレーション出力が単一の Simulink.SimulationOutput オブジェクトで返されます。

  • シミュレーション出力を含む単一の出力オブジェクトの変数名を指定します。チェック ボックスの横のテキスト フィールドを使用して、この名前を指定します。名前を指定しないと、既定で out が使用されます。

ヒント

  • [ログ間隔] パラメーターを使用するには、[単一のシミュレーション出力] を選択しなければなりません。

  • Simulink.SimulationOutput オブジェクトの who メソッドは、そのオブジェクトに格納されている変数のリストを返します。

コマンド ライン情報

パラメーター: ReturnWorkspaceOutputs
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'
パラメーター: ReturnWorkspaceOutputsName
型: 文字ベクトル
値: 文字ベクトル
既定の設定: 'out'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性

推奨なし

安全対策

推奨なし

関連するトピック