Main Content

単一のシミュレーション出力

説明

シミュレーション データを単一の Simulink.SimulationOutput オブジェクトとして返すかどうかを指定します。シミュレーション データには、シミュレーション メタデータ、ワークスペースに記録される出力、状態、データ ストア メモリ、信号などのすべてのデータ、およびブロックを使用してワークスペースに記録されるデータが含まれます。

カテゴリ: Data Import/Export

設定

既定の設定: オン、out

オン

ワークスペースに記録されるすべてのシミュレーション データが単一の Simulink.SimulationOutput オブジェクトとしてワークスペースに返されます。

Simulink.SimulationOutput オブジェクトを格納するために使用する変数の名前を指定します。

オフ

シミュレーション データがモデルおよびログのコンフィギュレーションに応じて 1 つ以上の変数で返されます。

ヒント

  • To File ブロックを使用してデータを記録する場合、指定したファイルにデータが記録され、単一の Simulink.SimulationOutput オブジェクトでは表示されません。

  • [データセットのデータをファイルにログ] を選択した場合、MAT ファイルに記録されたデータは単一の Simulink.SimulationOutput オブジェクトでは表示されません。

  • Simulink.SimulationOutput オブジェクトの変数のリストを表示するには、オブジェクトの関数 who を使用します。

  • [ログ間隔] パラメーターを使用するには、[単一のシミュレーション出力] を選択しなければなりません。

プログラムでの使用

パラメーター: ReturnWorkspaceOutputs
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'
パラメーター: ReturnWorkspaceOutputsName
型: string | 文字ベクトル
値: 有効な MATLAB® 変数名
既定の設定: 'out'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性

推奨なし

安全対策

推奨なし

参考

オブジェクト

関数

関連するトピック