Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink 基本設定の [モデル ファイル] ペイン

Simulink のモデル ファイル基本設定の概要

ファイルの変更、自動保存、バージョン通知などのモデル ファイルに関連する動作の基本設定

これらのオプションは、すべての Simulink® モデルの動作に影響を与えます。

参考

新しいモデルおよびライブラリのファイル形式

設定

既定の設定: SLX

新しいモデルとライブラリ用に、既定のファイル形式を指定します。

MDL

新しいモデルとライブラリを MDL 形式で保存します。

SLX

新しいモデルとライブラリを SLX 形式で保存します。

コマンド ライン情報

パラメーター: ModelFileFormat
値: 'mdl' | 'slx'
既定の設定: slx

ヒント

モデルのファイル形式は、[名前を付けて保存] を使用するときに選択できます。

参考

SLX ファイル形式でのモデルの保存

SLX ファイル内のサムネイル イメージの保存

現在のフォルダー ブラウザーのプレビュー ペインに表示するために、モデルの小さなスクリーンショットを保存するかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オン

オン

モデルを保存するときに、モデルの小さなスクリーン ショットを SLX ファイル内に含めます。選択したモデルのスクリーン ショットは、現在のフォルダー ブラウザーのプレビュー ペインに表示されます。

オフ

モデルのスクリーンショットを保存しません。

ヒント

モデルが非常に大きい場合にモデルの保存にかかる時間を減らすには、この基本設定をオフにしてモデルのサムネイル イメージを保存しないようにします。

コマンド ライン情報

パラメーター: SaveSLXThumbnail
値: 'on' | 'off'
既定の設定: on

変更通知

これらの基本設定を使用して、モデルの更新、シミュレーション、編集、または保存を行うときにディスク上のモデルが変更されている場合の通知を指定します。更新またはシミュレーションを行うときに、警告、エラー、修正されていない場合は再読み込み、または再読み込みか無視を選択できるダイアログ ボックスの表示を行うかを選択できます。詳細については、モデル ファイルの変更通知を参照してください。

[変更通知] で次のオプションを設定できます。

モデルの更新中またはシミュレーション中

モデルの更新またはシミュレーションを行うときにディスク上のモデルが変更されている場合に通知するかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オン

オン

モデルの更新またはシミュレーションを行うときにディスク上のモデルが変更されている場合に通知が表示されます。行うアクションを [アクション] リストで選択します。

オフ

モデルの更新またはシミュレーションを行うときにディスク上のモデルが変更されている場合に通知は表示されません。

ヒント

モデルが読み込まれた後にディスクで変更されたかどうかをプログラムで確認するには、関数 slIsFileChangedOnDisk を使用します。

依存関係

このパラメーターにより [アクション] が利用可能になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: MDLFileChangedOnDiskChecks
タイプ: 構造体、フィールド名: CheckWhenUpdating
値: true | false | 1 | 0
既定の設定: true

参考

モデル ファイルの変更通知

アクション

ファイルが読み込まれた後にディスク上で変更された場合に行うアクションを選択します。

設定

既定の設定: 警告

警告

MATLAB® コマンド ウィンドウに警告が表示されます。

エラー

エラーを表示します。シミュレーションをプログラムによって実行する場合、MATLAB コマンド ウィンドウにエラーが表示されます。シミュレーションを対話形式で実行すると、[シミュレーション診断] ウィンドウにエラーが表示されます。

モデルの再読み込み (修正されなかった場合)

モデルが修正されていない場合、再読み込みを行います。モデルが変更されている場合、プロンプト ダイアログ ボックスが表示されます。

プロンプト ダイアログを表示

[プロンプト ダイアログを表示] ボックスでは、変更を閉じて再度読み込むか、無視するかを選択できます。

ヒント

モデルが読み込まれた後にディスクで変更されたかどうかをプログラムで確認するには、関数 slIsFileChangedOnDisk を使用します。

依存関係

このパラメーターは、[モデルの更新中またはシミュレーション中] パラメーターを選択すると有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: MdlFileChangedOnDiskHandling
: 'Warning' | 'Error' | 'Reload model (if unmodified)' | 'Show prompt dialog'
既定の設定: 'Warning'

参考

モデル ファイルの変更通知

モデル編集開始時

モデルの編集時にディスク上のファイルが変更されている場合に通知するかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オン

オン

ブロック線図を変更するときにディスク上のファイルが変更されている場合に警告が表示されます。ブロック線図を変更する対話型の操作 (ブロックの追加など) を行うと、警告ダイアログ ボックスが表示されます。ブロック線図の変更を引き起こすプログラムによる操作 (たとえば、set_param への呼び出し) により、MATLAB コマンド ウィンドウで警告が発生します。

オフ

最初にモデルを編集するときにディスク上の変更はチェックされません。

ヒント

モデルが読み込まれた後にディスクで変更されたかどうかをプログラムで確認するには、関数 slIsFileChangedOnDisk を使用します。

コマンド ライン情報

パラメーター: MDLFileChangedOnDiskChecks
タイプ: 構造体、フィールド名: CheckWhenEditing
値: true | false | 1 | 0
既定の設定: true

参考

モデル ファイルの変更通知

モデルを保存中

モデルの保存時にディスク上のファイルが変更されている場合に通知するかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オン

オン

モデルを変更するときにディスク上のファイルが変更されている場合、通知が表示されます。

  • Simulink エディターでモデルを保存すると、ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスで、上書きするか、新しい名前で保存するかを選択できます。

  • OverwriteIfChangedOnDisk オプションを使用しない限り、関数 save_system はエラーを表示します。

オフ

モデルを保存するときにディスク上の変更はチェックされません。

ヒント

モデルが読み込まれた後にディスクで変更されたかどうかをプログラムで確認するには、関数 slIsFileChangedOnDisk を使用します。

コマンド ライン情報

パラメーター: MDLFileChangedOnDiskChecks
タイプ: 構造体、フィールド名: CheckWhenSaving
値: true | false | 1 | 0
既定の設定: true

参考

モデル ファイルの変更通知

自動保存オプション

[自動保存] 基本設定を使用して、更新またはシミュレーションの前、または新しいバージョンの Simulink で上書きするときにモデルのバックアップ コピーを自動的に保存するかどうかを指定します。

詳細については、以下のオプションを参照してください。

モデルの更新、または、シミュレーション前に保存

更新またはシミュレーションの前にモデルのバックアップ コピーを自動的に保存するかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オン

オン

保存されていない変更がモデルにある場合、更新またはシミュレーションの前にモデルのバックアップ コピーが自動的に保存されます。この自動保存コピーは、クラッシュ回復の際に役立ちます。

コピーは、MyModel.slx.autosave または MyModel.mdl.autosave という名前でモデルと同じディレクトリに保存されます。

オフ

更新またはシミュレーションの前にコピーを自動的に保存しません。

ヒント

  • より最近自動保存された利用可能なコピーを含むモデルを開くまたは読み込む場合、モデルが読み込まれた後に自動保存されたコピーを復元、無視、または廃棄するかを確認するダイアログ ボックスが表示されます。複数のモデルが関与している場合は、[モデル復元] ダイアログ ボックスが表示されます。

  • リストされているモデルごとに、チェック ボックスをオンにしてこれらのいずれかのオプションを指定できます。または、[すべて元に戻す][すべて削除]、または [すべて無視] ボタンをクリックして、該当するオプションをリスト内のすべてのモデルに適用できます。

    オプション結果
    [元に戻す]元のモデル ファイルを自動保存コピーで上書きし、自動保存コピーを削除します。Simulink は、モデルを閉じ、復元されたファイルから再度読み込みます。[元のモデル ファイルのコピーを残す] チェック ボックスをオンにした場合、MyModel.slx.original または MyModel.mdl.original という名前の元のモデル ファイルのコピーを保存できます。
    [自動保存の削除]自動保存コピーを削除します。
    [無視]モデルは変更されず、自動保存コピーは使用されません。これが既定の設定です。次回モデルを開くと、[モデル復元] ダイアログが再度表示され、自動保存ファイルを元に戻すか削除するかを選択できます。
  • 変更されたモデルを閉じると、自動保存コピーは削除されます。

  • 自動保存は MATLAB のインストールの一部であるモデルに対しては行われないため、それらのモデルの自動保存コピーは作成されません。

  • 自動保存ファイルまたはその場所が読み取り専用の場合、自動保存は行われません。

  • Parallel Computing Toolbox™ ワーカーでの自動保存は行われません。

注意

セグメンテーション違反が発生した場合、モデルの最新の自動保存ファイルはセグメンテーション違反の前の時点の自動保存データの状態が反映されます。Simulink モデルはセグメンテーション違反によって破損された可能性があるため、Simulink はセグメンテーション違反発生後のモデルを自動保存しません。

コマンド ライン情報

パラメーター: AutoSaveOptions
タイプ: 構造体、フィールド名: SaveOnModelUpdate
値: true | false | 1 | 0
既定の設定: true

古いバージョンの Simulink で作成されたファイルを上書きするときにバックアップを保存する

新しいバージョンの Simulink で上書きするときにモデルのバックアップ コピーを自動保存するかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オン

オン

新しいバージョンの Simulink でモデルを保存すると、モデルのバックアップ コピーが自動的に保存されます。このバックアップ コピーは、誤って新しいバージョンで上書きした場合に元のファイルを復元するときに役立ちます。

バックアップ コピーは、MyModel.slx.Version または MyModel.mdl.Version という名前でモデルと同じディレクトリに保存されます。ここで、Version はモデルが保存された最後のバージョンです (R2010a など)。

オフ

新しいバージョンの Simulink でモデルを上書きするときにバックアップ コピーを自動的に保存しません。

ヒント

元のモデルを復元するには、Version の接尾辞を削除して、バックアップ コピーの名前を MyModel.mdl または MyModel.slx に変更します。

コマンド ライン情報

パラメーター: AutoSaveOptions
タイプ: 構造体、フィールド名: SaveBackupOnVersionUpgrade
値: true | false | 1 | 0
既定の設定: true

古いモデルを読み込む場合に通知

古いバージョンの Simulink ソフトウェアで最後に保存されたモデルを読み込むときに通知するかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オフ

オン

Simulink ソフトウェアの古いバージョンに最後に保存されたモデルを読み込む場合、コマンド ウィンドウにメッセージを表示します

オフ

古いモデルを読み込むときに通知は行われません。

ヒント

  • ブロック線図を Simulink ソフトウェアの現在のバージョンの形式に変換するには、アップグレード アドバイザーを実行します。

  • 現在のバージョンの Simulink にモデルをアップグレードする際のアドバイスについては、モデルのアップグレードを参照してください。

コマンド ライン情報

パラメーター: NotifyIfLoadOldModel
値: 'on' | 'off'
既定の設定: off

より新しい Simulink のバージョンで作成されたモデルの読み込みを禁止

新しいバージョンの Simulink ソフトウェアで最後に保存されたモデルを読み込むかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オン

オン

新しいバージョンの Simulink ソフトウェアに最後に保存されたモデルは読み込まれず、コマンド ウィンドウにエラー メッセージが出力されます。

オフ

新しいバージョンの Simulink ソフトウェアに最後に保存されたモデルが読み込まれ、コマンド ウィンドウに警告メッセージが出力されます。

ヒント

可能な場合は、[名前を付けて保存] コマンドを使用して、ブロック線図を目的のバージョンの Simulink ソフトウェアの形式に変換してください。[名前を付けて保存] コマンドでは、最新バージョンの Simulink ソフトウェアで作成したモデルを以前のバージョンの形式で保存できます。モデルを以前の Simulink バージョンにエクスポートするを参照してください。

コマンド ライン情報

パラメーター: ErrorIfLoadNewModel
値: 'on' | 'off'
既定の設定: on

MATLAB パス上の優先順位の低いモデルを読み込まない

MATLAB パスの上位にある同じ名前の別のファイルより優先順位の低いモデルを読み込むかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オフ

オン

MATLAB パスの上位にある同じ名前の別のファイルより優先順位の低いモデルは読み込まず、コマンド ウィンドウにエラー メッセージを出力します。この基本設定は、次のいずれかによってモデルまたはライブラリを開こうとしたときまたは読み込もうとしたときに適用されます。

  • 現在のフォルダー ブラウザー内でファイルを選択する

  • 現在のフォルダーとは異なるフォルダー内のファイルへのパスを指定して open_system または load_system を呼び出す

オフ

優先順位の低いモデルを読み込み、コマンド ウィンドウに警告メッセージを出力します。

コマンド ライン情報

パラメーター: ErrorIfLoadShadowedModel
値: 'on' | 'off'
既定の設定: off

参考

優先順位の低いファイル

開く前に保護されたモデルのデジタル署名を検証

モデルを開く前に、保護されたモデルの署名を検証するかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オフ

オン

検証済みのデジタル署名をもたない保護モデルを読み込みません。署名の検証で次のいずれかが検出された場合、エラーを表示します。

  • 署名後に保護モデルが変更された。

  • 保護モデルに署名が行われていない。

  • 保護モデルが期限切れの証明書で署名されている。

  • 作成者により発行された証明書で保護モデルが自己署名されている。

  • 保護モデルが不明または無効な証明書で署名されている。

  • システムの証明書認証機関ストアの証明書が不明または無効である。

  • モデルが無効なキーで署名されている。

検証では、証明書が期限切れであるか、または、保護モデルが署名された後に失効したかどうかはチェックされません。

この基本設定は、次のようにして保護モデルを開こうとしたときまたは読み込もうとしたときに適用されます。

  • 保護モデルを参照するモデルのシミュレーション、またはそうしたモデル向けのコード生成

  • 保護モデルを参照するモデルのブロック線図を更新するアクションの実行

  • 保護モデルの Web ビューを開く

  • 保護モデル レポートを開く

[診断ビューアー] にエラー メッセージが表示される場合に、検証されていない保護モデルの診断メッセージを非表示にできます。署名された後にモデルが変更されたという理由で署名が有効でない場合、エラーは非表示にできません。

オフ

デジタル署名を検証しないで保護モデルを開きます。

コマンド ライン情報

パラメーター: ProtectedModelValidateCertificate
値: 'on' | 'off'
既定の設定: off

参考

保護モデルの参照