Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

SimState インターフェイスのチェックサムの不一致

メモ

SimState interface checksum mismatch は推奨されなくなりました。代わりに Operating point interface checksum mismatch を使用してください。

説明

操作点を読み込む前にインターフェイスのチェックサムが SimState オブジェクトに保存され、モデルのチェックサムと一致していることを確認するには、このチェックを使用します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: 警告

なし

Simulink® ではインターフェイス チェックサムとモデル チェックサムの照合は行われません。

警告

SimState のインターフェイス チェックサムがモデルのチェックサムと一致していません。

エラー

Simulink でコンフィギュレーションの変更が SimState の保存後に行われたことが検出された場合、SimState は読み込まれず、エラーが報告されます。

コマンド ライン情報

パラメーター: SimStateInterfaceChecksumMismatchMsg
値: 'warning' | 'error' | 'none'
既定の設定: 'warning'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

参考

関連するトピック