Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

[信号プロパティ] ダイアログ ボックスのコントロール

信号名

信号の名前。

信号の名前をプログラムによって設定するには、プログラムによる信号の名前の設定を参照してください。

信号名を Simulink の信号オブジェクトに関連付ける

ベース MATLAB® ワークスペース、モデル ワークスペースまたはデータ ディクショナリのいずれかにこの信号と同じ名前をもつ Simulink.Signal オブジェクトを含めるように指定します。Simulink® ソフトウェアは、この信号を含んでいるモデルを更新またはシミュレーションする際、そのようなオブジェクトを見つけられなかった場合にエラー メッセージを表示します。

メモ

モデル ワークスペース内の Simulink.Signal オブジェクトのストレージ クラスは、Auto に設定されていなければなりません。詳細については、モデル ワークスペースを参照してください。

[信号名を Simulink の信号オブジェクトに関連付ける] が有効な場合、信号の関連付けアイコンが既定の設定で信号のラベルの左側に表示されます。アイコンは次のように表示されます。

詳細については、信号のオブジェクトへの関連付けインジケーターを参照してください。

このプロパティは、モデル コンフィギュレーション パラメーター [信号の関連付け][なし] 以外の値に設定している場合にのみ表示されます。

このオプションをプログラムによって設定するには、端子のパラメーター MustResolveToSignalObject を使用します。信号オブジェクトの使用を参照してください。

伝播信号の表示

メモ:

このオプションは、信号ラベル伝播をサポートするブロックから発信される信号に対してのみ利用できます。ブロックの一覧については、信号ラベル伝播をサポートするブロックを参照してください。

このプロパティを有効にすると、Simulink が伝播された信号ラベルを作成します。

たとえば、次のモデルでは、Subsystem ブロックからの出力信号は信号ラベル伝播用に構成されます。伝播した信号ラベル (<const>) は、Constant ブロック (const) の上流の出力信号の名前に基づいています。

詳細については、信号ラベル伝播を参照してください。

このオプションをプログラムによって設定するには、端子のパラメーター SignalPropagation を使用します。伝播信号ラベルの表示を参照してください。

関連するトピック