Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

信号のログ

説明

モデルのワークスペースに対する信号ログのオンとオフをグローバルに切り替えます。

カテゴリ: Data Import/Export

設定

既定の設定: オン、 logsout

オン

指定された信号についての MATLAB® ワークスペースおよびシミュレーション データ インスペクターへのデータのログ記録を有効にします。

MATLAB ワークスペースでログ記録された信号データの保管に使用する変数の名前を指定します。詳細については、信号ログ データへの名前の指定を参照してください。

オフ

MATLAB ワークスペースおよびシミュレーション データ インスペクターへの信号データのログ記録を無効にします。

ヒント

  • 信号ログ変数を入力する前に [信号ログ] チェック ボックスをオンにしておかなければなりません。

  • Simulink® では、指定された名前をもつ MATLAB ワークスペース変数に信号データが保存されます。

  • 保存されるデータは Simulink.SimulationData.Dataset オブジェクトです。

  • 可変サイズの信号のデータは、各タイム ステップの cell 配列をもつ timetable オブジェクトとして保存されます。

  • Simulink では、以下のタイプの信号の信号ログはサポートされていません。

    • Function-Call Generator ブロックの出力

    • Merge ブロックの入力に接続された信号

    • Trigger ブロックと Enable ブロックの出力

  • [信号のログ] を選択すると、[ログを取るために信号を設定] ボタンが使用可能となり、信号ログ セレクターを表示できます。信号ログ セレクターを使用すると、次の操作を実行できます。

    • ログ作成用に設定されたモデル階層内のすべての信号の確認

    • 特定信号のログ設定のオーバーライド

    • 効率的な方法でモデル参照階層を通して信号のログを制御

    信号ログ セレクターは、Simulink および Stateflow® と併用できます。

    信号ログ セレクターの詳細は、信号ログ セレクターを使用したログ コンフィギュレーションの表示および信号ログ設定のオーバーライドを参照してください。

  • オブジェクト関数 Simulink.SimulationOutput の名前またはプロパティ名と同じ変数名を使用しないでください。

依存関係

このパラメーターは [ログを取るために信号を設定] ボタンを有効にします。

コマンド ライン情報

パラメーター: SignalLogging
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'
パラメーター: SignalLoggingName
型: 文字ベクトル
値: 任意の有効な値
既定の設定: 'logsout'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性推奨なし
安全対策推奨なし

関連するトピック