Main Content

算術シフトとして符号付き整数を右にシフト

説明

テスト ハードウェア用のコンパイラが符号付き整数の右シフト時に符号ビットを埋める方法を指定します。

カテゴリ: ハードウェア実行

設定

既定の設定: オン

オン

Simulink® モデルが符号付き整数で算術シフトを実行するときはいつでも単純で効率的なコードを生成します。

オフ

完全に移植可能で、かつあまり効率的でないコードを生成して、右算術シフトを実装します。

ヒント

  • C コンパイラが符号付き整数の右シフトを算術右シフトとして実行する場合は、このパラメーターを選択します。

  • 算術右シフトは、右シフトによって空いたビットを最上位ビットの値で埋めます。これは 2 の補数表現で数値の符号を示します。これは、数値を 2 で除算することと同じです。

  • この設定はコード生成にのみ影響があります。

依存関係

  • [デバイス ベンダー] および [デバイス タイプ] パラメーターを使用してデバイスを選択すると、このパラメーターのデバイス固有の値が設定されます。

  • このパラメーターは、選択されたハードウェアに対して変更可能な場合にのみ有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: TargetShiftRightIntArith
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性オン
安全対策

[テスト ハードウェアを製品ハードウェアと同じにする] がオンになっている場合は影響なし。オンになっていない場合は、推奨なし。

関連するトピック