ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

バス選択を修復

説明

Bus Selector ブロックと Bus Assignment ブロック パラメーター ダイアログ内で上流のバス階層変化が原因で損傷した選択を修復します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: 警告と修復

警告と修復

Simulink® は、上流のバス階層の変更を反映するために Simulink が修復した Bus Selector ブロックと Bus Assignment ブロックのブロック パラメーターを示す警告を表示します。

修復不要のエラー

Simulink は、シミュレーションを終了し、上流のバス階層の変更を反映するために Bus Selector ブロックと Bus Assignment ブロックで修復する必要のあるブロック パラメーターを示すエラー メッセージを表示します。

コマンド ライン情報

パラメーター: BusNameAdapt
値: 'WarnAndRepair' | 'ErrorWithoutRepair'
既定の設定: 'WarnAndRepair'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策警告と修復

関連するトピック