Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

リファイン ファクター

説明

出力をリファインするためにタイム ステップ間で生成するデータ点の数を指定します。

カテゴリ: Data Import/Export

設定

既定の設定: 1

  • 既定の設定のリファイン ファクターは 1 です。これは、追加的なデータ点が一切生成されないことを意味します。

  • 2 というリファイン ファクターを指定すると、タイム ステップ時だけでなくタイム ステップ間にも出力が生成されます。

ヒント

離散モデルの場合、このオプションは Simulink® によって無視されます。これは、タイム ステップ間のデータの値が離散モデル用に定義されていないためです。

依存関係

このパラメーターは、[出力オプション] の値として [出力リファイン] を選択する場合のみ有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: Refine
型: 文字ベクトル
値: 任意の有効な値
既定の設定: '1'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性推奨なし
安全対策推奨なし

関連するトピック