最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

可変サイズの信号のサイズを伝播

説明

可変サイズの信号の参照モデルへの伝播方法を選択します。

カテゴリ: モデル参照

設定

既定の設定: モデル内のブロックから推測

モデル内のブロックから推測

参照モデルを検索し、ブロックを以下のカテゴリにグループ化します。

カテゴリ説明このカテゴリのブロックの例
1出力信号サイズは入力信号の値に依存します。[可変サイズの信号のサイズを伝播] パラメーターが [実行中] に設定された Switch または Enable Subsystem ブロック
2入力信号サイズが変化すると状態をリセットする必要があります。[可変サイズの信号のサイズを伝播][イネーブルのときのみ] に設定されている Enabled Subsystem 内の Unit Delay ブロック
3出力信号サイズは入力信号のサイズにのみ依存します。Gain ブロック

Enable、Function-Call、および Action サブシステムは、可変サイズの信号のサイズを伝播するときを指定できるので、検索は、これらのサブシステムの境界で停止します。

Simulink® では、参照モデルの可変サイズの信号の伝播は以下のように設定されます。

  • カテゴリ 1 の 1 つ以上のブロック、およびカテゴリ 3 のその他のすべてのブロックの場合、[実行中] が選択されます。

  • カテゴリ 2 の 1 つ以上のブロック、およびカテゴリ 3 のその他のすべてのブロックの場合、[イネーブルのときのみ] が選択されます。

  • カテゴリ 1 と 2 のブロックの場合、エラーがレポートされます。

  • 条件付きで実行された、Enable、Function-Call、または Action 以外のサブシステムを含むカテゴリ 3 のすべてのブロックの場合、エラーがレポートされます。この場合、Simulink は、可変サイズの信号のサイズを伝播するタイミングを決定できません。

  • 条件付きで実行された、Enable、Function-Call、または Action のサブシステムだけを含むカテゴリ 3 のすべてのブロックの場合、[イネーブルのときのみ][実行中] の両方がサポートされます。

イネーブルのときのみ

イネーブルのときのみ参照モデルに可変サイズの信号のサイズを伝播します (Enable メソッド)。

実行中

実行中に参照モデルに可変サイズの信号のサイズを伝播します (Outputs メソッド)。

コマンド ライン情報

パラメーター: PropagateVarSize
値: 'Infer from blocks in model' | 'Only when enabling'| 'During execution'
既定の設定: 'Infer from blocks in model'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策

推奨なし

関連するトピック