最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

参照モデルの外のすべての信号のラベルを伝播

説明

伝播信号の名前を Model ブロックの出力信号に渡します。

カテゴリ: モデル参照

設定

既定の設定: オン

オン

Simulink® は、Model ブロックの出力信号に信号名を伝播します。

オフ

Simulink は、Model ブロックの出力信号に信号名を伝播しません。

ヒント

  • 既定では、参照モデルの各インスタンスが信号ラベルを伝播します。信号ラベルを伝播しないインスタンスについては、設定をクリアします。

  • 以下のモデルは、参照モデルに対して有効になっている [参照モデルの外のすべての信号のラベルを伝播] パラメーターの既定の設定を使用した時の動作を示します。Model ブロックの Out2 端子からの出力信号は、伝播した信号名 (chirp_sig) を表示し、そのソースは参照モデルの内部にあります。

  • 次のモデルは、信号ラベルの伝播がすべての対象となる信号に対して有効になっている場合に、このパラメーターをクリアする時の動作を示します。参照モデルの内部では、任意のモデルと同様に、信号ラベル伝播が発生します。ただし、Model ブロックの Out2 端子からの出力信号は、伝播した信号ラベルに対して空のかっこを表示します。

コマンド ライン情報

パラメーター: PropagateSignalLabelsOutOfModel
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策

推奨なし

関連するトピック