Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

端子とパラメーターの不一致

説明

このモデルの読み込みまたは更新の際に、Model ブロックとその参照モデルとの間で端子またはパラメーターの不一致が Simulink® ソフトウェアで検出されたときに行う診断アクションを選択します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: なし

なし

Simulink ソフトウェアはいかなるアクションも実行しません。

警告

Simulink ソフトウェアは警告を表示して Model ブロックを更新します。

エラー

Simulink ソフトウェアはエラー メッセージを表示して、Model ブロックを更新しません。

ヒント

  • 端子の不一致は、Model ブロックの入力端子および出力端子が、参照するモデルのルートレベルの入力端子および出力端子と一致しない場合に発生します。

  • パラメーターの不一致は、Model ブロックで認識されたパラメーター引数が、参照モデルで宣言されたパラメーター引数と一致しない場合に発生します。

  • 端子またはパラメーターの不一致を示すメッセージを Model ブロック アイコンに表示できます。この機能を有効にするには、親モデルの Simulink エディターの [デバッグ] タブで、[情報のオーバーレイ][参照モデル I/O の不一致] を選択します。

コマンド ライン情報

パラメーター: ModelReferenceIOMismatchMessage
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'none'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策エラー

関連するトピック