Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

周期的なサンプル時間の制約

説明

このモデルによって定義されたサンプル時間の制約を選択します。モデルがシミュレーション時にこれらの制約を満たしていない場合は、Simulink® にエラー メッセージが表示されます。

カテゴリ: ソルバー

設定

既定の設定: 制約なし

制約なし

制約がないことを示します。このオプションを選択すると、ソルバーのステップ サイズを入力するためのフィールドが Simulink に表示されます。

[固定ステップ (基本サンプル時間)] オプションを使用してソルバーのステップ サイズを指定します。

サンプル時間に依存しない

Model ブロックがそれを使用するコンテキストからサンプル時間を継承することを示します。固有のサンプル時間をもつ参照モデルは、Triggered Subsystem または反復サブシステムでは使用できません。Triggered Subsystem または反復サブシステムでこのモデルを参照する予定がある場合は、[サンプル時間に依存しない] を選択することによって、このモデルの単体テスト時にサンプル時間の問題が Simulink によって検出されるようにしてください。

Simulink ソフトウェアでは、このモデルが動作を変更せずに参照モデルからサンプル時間を継承できることを確認するためのチェックが行われます。ステップ サイズ (つまり、基本サンプル時間) を指定するモデルはこの制約を満たすことができません。そのため、このオプションを選択すると、グループのステップ サイズ フィールドが Simulink で非表示になります (固定ステップ サイズ (基本サンプル時間)を参照)。

サンプル時間を制約する

優先順位を付けられた指定の周期的サンプル時間に従ってこのモデルが動作していることを確認するためのチェックが Simulink によって行われることを示します。優先順位を指定してモデルのサンプル時間に割り当てるには、[サンプル時間のプロパティ] オプションを使用します。

このオプションをマルチタスク モデルで使用する方法は、Execute Multitasking Models (Simulink Coder)で説明します。

ヒント

Simulink ソフトウェアでは、このモデルが制約を満たしていることを確認するためのチェックがシミュレーションの実行中に行われます。指定された制約をモデルが満たしていない場合は、Simulink にエラー メッセージが表示されます。

依存関係

このパラメーターは、ソルバーの [タイプ][固定ステップ] に設定されている場合のみ有効になります。

[制約なし] を選択すると、以下のパラメーターが有効になります。

  • 固定ステップ サイズ (基本サンプル時間)

  • 各離散レートを個別のタスクとして扱う

  • 優先順位の値が高いほどタスクの優先順位が高いことを示す

  • データ転送に対するレート変換を自動的に取り扱う

[サンプル時間を制約する] を選択すると、以下のパラメーターが有効になります。

  • サンプル時間のプロパティ

  • 各離散レートを個別のタスクとして扱う

  • 優先順位の値が高いほどタスクの優先順位が高いことを示す

  • データ転送に対するレート変換を自動的に取り扱う

コマンド ライン情報

パラメーター: SampleTimeConstraint
値: 'unconstrained' | 'STIndependent' | 'Specified'
既定の設定: 'unconstrained'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグオフに指定された最小値と最大値を使用した最適化の更新
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

関連するトピック