Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コード生成で固定サイズのスカラーのルート入力を値渡しで行う

説明

このモデルを呼び出す (参照する) モデルがそのスカラー入力をこのモデルに値で渡すかどうかを指定します。

カテゴリ: モデル参照

設定

既定の設定: オフ (GUI)、'on' (コマンド ライン)

オン

このモデルを呼び出す (参照する) モデルがそのスカラー入力をこのモデルに値で渡します。

オフ

呼び出し側のモデルは入力を参照で渡します (入力値ではなく入力のアドレスが渡されます)。

ヒント

  • このオプションは、以下の 2 つのいずれかの場合に無視されます。

    • C 関数プロトタイプのコントロールが既定の設定でない場合。

    • C++ カプセル化インターフェイスが既定の設定でない場合。

  • ルート入力を値で渡すと、このモデルはレジスタまたはローカル メモリからのスカラー入力を読み取ることができるので、元の場所から入力を読み取るよりも高速になります。

  • このパラメーターを有効にすると、特定のモデル セマンティクスにおいて、シミュレーションの動作が生成されたコードの動作と異なる場合があります。[コンフィギュレーション パラメーター][診断][接続性][コンテキスト依存の入力] パラメーターに対して既定の設定である [エラーとしてすべて有効] を使用すると、Simulink® は、モデル セマンティクスがシミュレーションの動作と生成されたコードの動作の不一致をもたらす可能性がある事例をレポートします。診断によって問題が特定されると、Function-Call Subsystem の入力がラッチされます。Function-Call Subsystem のラッチについての詳細は、コンテキスト依存の入力を参照してください。

  • コンテキスト依存の入力に関する診断により、モデルに問題がないことが報告された場合、[コード生成で固定サイズのスカラーのルート入力を値渡しで行う] パラメーターを有効にすることを検討してください。通常、このパラメーターを有効にすると、そのようなモデルに対してより効率的なコードが生成されます。

  • Simulink Coder™ ライセンスをお持ちの場合、このオプションを選択するとサブシステム用に生成されたコードの再利用に影響が出ることがあります。詳細については、サブシステムからの再呼び出し可能なコードの生成 (Simulink Coder)を参照してください。

  • SIM ターゲットの場合、このモデルを参照するモデルは、[コード生成で固定サイズのスカラーのルート入力を値渡しで行う] パラメーターの設定に関係なく、入力は参照で渡されます。

コマンド ライン情報

パラメーター:ModelReferencePassRootInputsByReference
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

メモ

コマンド ラインの値は、設定値の逆です。したがって、コマンド ラインの 'on' は「設定」の節の [オフ] の説明に相当し、コマンド ラインの 'off' は「設定」の節の [オン] の説明に相当します。

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策

推奨なし

ソフトウェアで Function-Call Subsystem への入力を計算する必要がある場合の診断アクションについては、コンテキスト依存の入力を参照してください。

関連するトピック