Main Content

ビット数: long long

説明

選択したハードウェアの C の long long データ型のビット長を記述します。

カテゴリ: ハードウェア実行

設定

既定の設定: 64

最小値: 64

最大値: 128

C の long long データ型を表すビット数です。

ヒント

  • C の long long データ型は、ご使用の C コンパイラが long long をサポートしている場合にのみ使用してください。

  • カスタム ターゲットに対してのみ、このパラメーターの値を変更することができます。カスタム ターゲットでは、すべての値は 8 の倍数で、64 ~ 128 の間でなければなりません。

依存関係

  • [long long を有効にする] によって、このパラメーターの使用が有効になります。

  • このパラメーターの値は、[ビット数] の [long] の値以上でなければなりません。

  • [デバイス ベンダー] および [デバイス タイプ] パラメーターを使用してデバイスを選択すると、このパラメーターのデバイス固有の値が設定されます。

  • このパラメーターは、選択されたハードウェアに対して変更可能な場合にのみ有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: ProdBitPerLongLong
タイプ: 整数
値: 任意の有効な値
既定の設定: 64

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性ターゲット固有
安全対策

コード生成なしのシミュレーションの場合は推奨なしです。
コード生成ありのシミュレーションでは、ドロップダウン リストで選択できる場合は [デバイス ベンダー][デバイス タイプ] を選択します。[デバイス ベンダー][デバイス タイプ] が選択できない場合は、[Custom Processor] を使用してデバイス固有の値を設定します。

参考