最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

代数ループの発生の最小化

説明

現在の参照モデルを含むモデルから、疑似代数ループの削除を試みます。

カテゴリ: モデル参照

設定

既定の設定: オフ

オン

Simulink® ソフトウェアは、現在の参照モデルを含むモデルからの疑似代数ループの削除を試みます。

オフ

Simulink ソフトウェアは、現在の参照モデルを含むモデルからの疑似代数ループの削除を試みません。

ヒント

このパラメーターを Simulink Coder™[1 つの出力/更新関数] パラメーターと共に有効にすると、エラーになります。

コマンド ライン情報

パラメーター: ModelReferenceMinAlgLoopOccurrences
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策推奨なし

関連するトピック