Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ログとユーザー補助機能のオプション

[信号プロパティ] ダイアログ ボックスの [ログとユーザー補助機能] タブには、信号のログおよびこの信号のユーザー補助オプションを指定するコントロールが表示されます。

信号データのログ

シミュレーション時に、この信号の値を Simulink® で MATLAB® ワークスペースに保存するには、このオプションを選択します。詳細については、信号ログを使用して、信号データをエクスポートを参照してください。

このオプションをプログラムによって設定するには、端子のパラメーター DataLogging を使用します。プログラムによるインターフェイスを参照してください。

テスト ポイント

この信号をテスト ポイントとして指定するには、このオプションを選択します。このプロパティをプログラムによって設定するには、端子のパラメーター TestPoint を使用します。詳細については、テスト ポイントとしての信号の設定を参照してください。

ログ名

リスト ボックスと編集フィールドで構成されるこのコントロールのペアは、ログに記録された信号データに関連付けられた名前を指定します。

既定の設定で、Simulink ソフトウェアは信号の信号名をログ名として使用します。独自のログ名を指定するには、リスト ボックスから [カスタム] を選択し、隣接する編集フィールドにカスタム名を入力します。

これらのプロパティをプログラムによって設定するには、端子のパラメーター DataLoggingNameMode および DataLoggingName を使用します。プログラムで指定する信号固有のログ名を参照してください。

データ

このコントロール グループを使用すると、Simulink ソフトウェアがこの信号でログに記録するデータの量を制限できます。

このオプションは、次のような意味を持っています。

データ点の制限

最後の N 個のデータ点を除いて、すべて破棄します。ここで、N は隣の編集フィールドに入力された値です。

これらのプロパティをプログラムによって設定するには、端子のパラメーター DataLoggingLimitDataPoints および DataLoggingMaxPoints を使用します。端子のパラメーターを使用して信号プロパティをプログラムで設定するには、信号プロパティを参照してください。

データ点の数の制限を指定する場合、シミュレーションの一時停止または完了時に信号データがシミュレーション データ インスペクターと Dashboard Scope ブロックに表示されます。その際、最後の N 個のデータ点のみ表示されます。他の可視化の Dashboard ブロックは無効になり、ブロックに警告メッセージが表示されます。

間引き

N 個ごとに 1 個のデータ点のログを作成します。ここで、N は隣の編集フィールドに入力された値です。たとえば、ステップ サイズが 0.1 s の固定ステップ ソルバーをモデルで使用するとします。このオプションを選択し、既定の間引き値 (2) を受け入れると、Simulink ソフトウェアはこの信号のデータ点を時刻 0.00.20.4、などで記録します。

これらのプロパティをプログラムによって設定するには、端子のパラメーター DataLoggingDecimateData および DataLoggingDecimation を使用します。端子のパラメーターを使用して信号プロパティをプログラムで設定するには、信号プロパティを参照してください。

指定する [間引き] の値が、シミュレーション データ インスペクターに送信されるデータとモデル内の Dashboard ブロックに適用されます。

関連するトピック