Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

データセットのデータをファイルにログ

説明

Dataset 形式を使用して保存されたシミュレーション データのログを MAT ファイルに記録します。

カテゴリ: Data Import/Export

設定

既定の設定: 'off'

オン

Dataset フォーマットを使用して保存されたログ データの MAT ファイルへの記録を有効にします。

結果をファイルに保存する必要があることがシミュレーション実行前から分かっている場合、シミュレーション データのログを MAT ファイルに記録します。

MAT ファイルのパスとファイル名を指定します。

オフ

MAT ファイルへのシミュレーション データのログ作成を無効にします。

ヒント

  • [データセットのデータをファイルにログ] オプションを使用するには、ログに記録するデータの種類を以下から 1 つ以上選択します。

    • 状態

    • 最終状態

    • 信号のログ

    • 出力

    • データ ストア

    • Stateflow® ステートおよびデータ

    状態または出力データのログを作成する場合は、[形式] パラメーターを [データセット] に設定します。

    [最終状態] パラメーターを選択する場合、[最終の操作点を保存] パラメーターをオフにします。

  • MAT ファイル内のデータがメモリに収まる場合、関数 load を使用してデータにアクセスします。

  • MAT ファイル内のデータが大きくてメモリに収まらない場合、Simulink.SimulationData.DatasetRef オブジェクトおよび matlab.io.datastore.SimulationDatastore オブジェクトを使用して、MAT ファイル内のデータにアクセスします。

  • 並列シミュレーションを除き、Simulink® は、シミュレーションごとにファイル名が変更されていない限り、各シミュレーション中に MAT ファイルの内容を上書きします。詳細については、連続シミュレーションからのログ データの保存を参照してください。

依存関係

ログを作成するために MAT ファイルへのパスを入力する前に、[データセットのデータをファイルにログ] チェック ボックスをオンにします。

コマンド ライン情報

パラメーター: LoggingToFile
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'
パラメーター: LoggingFileName
値: 有効なパスとファイル名
既定の設定: 'out.mat'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性

推奨なし

安全対策

推奨なし

参考

| |

関連するトピック