Main Content

最大 Atomic サイズ: integer

説明

コードのテストに使用するハードウェアで、アトミックに読み込みおよび保存できる最大の整数データ型を指定。

カテゴリ: ハードウェア実行

設定

既定の設定: Char

Char

char が、コードのテストに使用するハードウェアで、アトミックに読み込みおよび保存できる最大整数データ型であることを指定します。

Short

short が、コードのテストに使用するハードウェアで、アトミックに読み込みおよび保存できる最大整数データ型であることを指定します。

Int

int が、コードのテストに使用するハードウェアで、アトミックに読み込みおよび保存できる最大整数データ型であることを指定します。

Long

long が、コードのテストに使用するハードウェアで、アトミックに読み込みおよび保存できる最大整数データ型であることを指定します。

LongLong

long long が、コードのテストに使用するハードウェアで、アトミックに読み込みおよび保存できる最大整数データ型であることを指定します。

ヒント

このパラメーターを使用して、可能であれば、生成されたマルチレート コードでデータ サイズに基づいて、不要なダブルバッファリングまたは不要なセマフォ保護を削除します。

依存関係

  • [デバイス ベンダー] および [デバイス タイプ] パラメーターを使用してデバイスを選択すると、このパラメーターのデバイス固有の値が設定されます。

  • このパラメーターは、選択されたハードウェアに対して変更可能な場合にのみ有効になります。

  • コードのテストに使用するハードウェアが C long long データ型をサポートしていて、[long long を有効にする] が選択されている場合にのみ、このパラメーターを [LongLong] に設定できます。

コマンド ライン情報

パラメーター: TargetLargestAtomicInteger
値: 'Char' | 'Short' | 'Int' | 'Long' | 'LongLong'
既定の設定: 'Char'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性ターゲット固有
安全対策

[テスト ハードウェアを製品ハードウェアと同じにする] がオンになっている場合は影響なし。オンになっていない場合は、推奨なし。

関連するトピック