Main Content

このページの内容は最新ではありません。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

チャート初期化中の無効な入力データ アクセス

説明

チャートが次の場合に行う診断アクションを選択します。

  • ExecuteAtInitialization プロパティが true に設定されている場合

  • チャートの初期化を行う既定の遷移またはステート entry アクションで入力データにアクセスする場合

このチャート構成では、チャート入力端子に接続されたブロックは、初期化中にその出力を初期化しない可能性があります。モデルでこのコンフィギュレーションを特定して修正するには、この診断を使用します。

サービス インターフェイスが構成されたコンポーネント モデルに対して Embedded Coder® を使用するときは、このパラメーターは意味をもたないためサポートされません。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: 警告

なし

警告またはエラーは表示されません。

警告

警告が表示されます。

エラー

エラーが表示され、シミュレーションが停止します。

ヒント

ステートを含まないチャートでは、ExecuteAtInitialization プロパティの設定は効果がありません。

コマンド ライン情報

パラメーター: SFInvalidInputDataAccessInChartInitDiag
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'warning'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ警告
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし (シミュレーション時)
影響なし (量産コード生成時)
安全対策エラー

関連するトピック