このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

無効な関数呼び出し接続

説明

Function-Call Subsystem の無効な使用が Simulink® で検出されたときに行う診断アクションを選択します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: エラー

警告

Simulink によって警告が表示されます。

メモ

このオプションは将来のリリースでは削除される予定です。

エラー

Simulink はシミュレーションを終了し、エラー メッセージを表示します。

ヒント

  • Function-Call Subsystem の無効な使用の例は、Simulink Subsystem Semantics ライブラリを参照してください。

  • このパラメーターを [警告] に設定すると、無効なシミュレーション結果になることがあります。

  • このパラメーターを [警告] に設定すると、Simulink で余分な遅延操作が挿入される可能性があります。

コマンド ライン情報

パラメーター: InvalidFcnCallConnMsg
値: 'warning' | 'error'
既定の設定: 'error'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策エラー

関連するトピック