Main Content

参照モデルにカスタム コードを含める

説明

アクセラレータ モード用にビルドした参照モデル シミュレーション (SIM) ターゲットのカスタム コードを使用します。

カテゴリ: モデル参照

設定

既定の設定: オフ

オフ

モデル参照アクセラレータ シミュレーションのカスタム コードを無視します。

オン

モデル参照アクセラレータのシミュレーション中には、Stateflow® または MATLAB Function ブロックとともにカスタム コードを使用します。

ヒント

  • 注意

    アクセラレータ モードで参照モデルにカスタム コードを使用すると、カスタム コードを使用しないでモデルをシミュレーションした場合とは異なる結果になる可能性があります。カスタム コードにバスまたは列挙型の構造体の宣言が含まれる場合、SIM ターゲットの生成は、ビルドの結果でこれらの構造体の宣言が重複する場合に失敗します。また、カスタム コードがバスまたは列挙型を表す構造体を使用する場合、予期しないシミュレーション結果となる可能性があります。

  • [コンフィギュレーション パラメーター]、[シミュレーション ターゲット] ペインを使用して、カスタム コード ファイルを指定します。

コマンド ライン情報

パラメーター: SupportModelReferenceSimTargetCustomCode
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策オフ