最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

インポートしたバスと列挙型に対する typedef の生成

説明

Stateflow® および MATLAB Function ブロック内のインポートされたバスと列挙データ型に対する typedef の処理と生成について指定します。

カテゴリ: Simulation Target

設定

既定の設定: オフ

オン

インポートされたバスと列挙型に対して独自の typedef を生成します。

オフ

インポートされたバスと列挙型に対して独自の typedef を生成せず、インクルードされたヘッダー ファイルの定義を使用します。この設定では、[コンフィギュレーション パラメーター][シミュレーション ターゲット][カスタム コード][ヘッダー ファイル] にヘッダー ファイルを含める必要があります。

ヒント

  • この選択は、Stateflow および MATLAB Function ブロック内でインポートされたバスまたは列挙データ型を使用する場合に適用されます。

コマンド ライン情報

パラメーター: SimGenImportedTypeDefs
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

関連するトピック