Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

FMU Import ブロック

説明

デバッグ実行モードが有効である場合、FMU バイナリは別のプロセスで実行されます。FMU バイナリを別のプロセスで実行することで、MATLAB® プロセスが保護されます。たとえば、デバッグ実行モードにより、サードパーティの FMU バイナリに存在するセグメンテーション違反によって MATLAB がクラッシュすることを防止できます。

設定

既定の設定: オフ

オン

FMU Import ブロックのデバッグ実行モードを有効にします。この設定は FMU バイナリを別のプロセスで実行します。

オフ

FMU Import ブロックのデバッグ実行モードを無効にします。この設定は FMU バイナリを MATLAB プロセスと同じプロセスで実行します。

コマンド ライン情報

パラメーター: DebugExecutionForFMUViaOutOfProcess
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし