Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

固定ステップ サイズ (基本サンプル時間)

説明

選択した固定ステップ ソルバーによって使用されるステップ サイズを指定します。

カテゴリ: ソルバー

設定

既定の設定: auto

  • このフィールドに「auto」(既定の設定) を入力すると、ステップ サイズは Simulink® によって選択されます。

  • 1 つ以上の周期的サンプル時間がモデルによって指定されている場合は、それらのサンプル時間の最大公約数と等しいステップ サイズが Simulink によって選択されます。モデルの基本サンプル時間と呼ばれるこのステップ サイズを適用すると、モデルによって定義されたサンプル時間ごとにソルバーのステップが確実に 1 つ起きるようになります。

  • 周期的サンプル時間がモデルによって定義されていない場合は、合計シミュレーション時間を 50 個の均等なステップに分割するステップ サイズが Simulink によって選択されます。

  • 周期的なレートがモデルによって指定されておらず、終了時間が Inf の場合、Simulink はステップ サイズとして 0.2 を使用します。それ以外の場合は、固定ステップ サイズが次のように設定されます。

    hmax=tstoptstart50

  • Sine ソース ブロックおよび Signal Generator ソース ブロックについては、停止時間が Inf の場合、Simulink はステップ サイズを次のヒューリスティックな手法で計算します。hmax=min((0.2),(13)(1Freqmax)) そうでない場合、ステップ サイズは次のようになります。

    hmax=min(tstoptstart50,(13)(1Freqmax))

    ここで、Freqmax はモデル内のこれらのブロックの最大周波数 (Hz) です。

依存関係

このパラメーターは、[周期的なサンプル時間の制約][制約なし] に設定されている場合にのみ有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: FixedStep
型: 文字ベクトル
値: 任意の有効な値
既定の設定: 'auto'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

関連するトピック