最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

応答を確保

説明

MATLAB Function ブロック、Stateflow® チャート、およびデータフロー領域用に生成したコードの応答性チェックを有効にします。

カテゴリ: Simulation Target

設定

既定の設定: オン

オン

MATLAB Function ブロック、Stateflow チャート、およびデータフロー領域用に生成したコードにおける Ctrl+C による中断の定期的な確認を有効にします。また、グラフィックスの更新も有効になります。

オフ

MATLAB Function ブロック、Stateflow チャート、およびデータフロー領域用に生成したコードにおける Ctrl+C による中断の定期的な確認を無効にします。また、グラフィックスの更新も無効になります。

注意

これらのチェックがなければ、長時間かかる実行を終了するには MATLAB® セッション自体を終了させるしかなくなります。

コマンド ライン情報

パラメーター: SimCtrlC
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグオン
トレーサビリティ

推奨なし

効率性

推奨なし

安全対策

推奨なし

関連するトピック