最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

メモリの整合性を確保

説明

MATLAB Function ブロックの構築中にメモリの整合性の違反を検出し、診断を表示してシミュレーションを停止します。

カテゴリ: Simulation Target

設定

既定の設定: オン

オン

MATLAB Function ブロックの構築中にメモリの整合性の違反を検出し、診断メッセージを表示してシミュレーションを停止します。

オフ

MATLAB Function ブロックの構築中にメモリの整合性の違反を検出しません。

注意

これらのチェックが行われないと、違反が予期できない動作の原因になります。

ヒント

  • 範囲外の配列にアクセスしていることがメモリの整合性の違反の原因として考えられます。

  • これらのチェックは、すべての配列の範囲や次元のチェックが必要ない場合にのみ無効にします。

コマンド ライン情報

パラメーター: SimIntegrity
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ

オン

トレーサビリティ

影響なし

効率性

推奨なし

安全対策

オン

関連するトピック