最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

参照モデルの厳密なスケジューリング チェックを有効にする

説明

このパラメーターは、参照モデルの以下のチェックを有効にします。

  • 参照されるエクスポート関数モデルでの Function-Call Subsystem のスケジューリング順序の一貫性

  • 参照されるエクスポート関数モデルの境界を越えたサンプル時間の一貫性

  • 関数呼び出しが適用された、参照レートベース モデルの境界を越えたサンプル時間の一貫性。

カテゴリ: モデル参照

設定

既定の設定: オン

オン

Simulink は、参照モデルでのスケジューリング順序とサンプル時間の一貫性に対する厳密なチェックを強制的に行います。

オフ

Simulink では、参照モデルでのスケジューリング順序とサンプル時間の一貫性に対する厳密なチェックが強制されません。

コマンド ライン情報

パラメーター: EnableRefExpFcnMdlSchedulingChecks
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

関連するトピック