Main Content

データ転送の確定性

説明

Rate Transition ブロックの [確定的にデータ転送を確保 (最大遅延)] パラメーターを自動挿入の Rate Transition ブロックに設定するかどうかを制御します。

既定の設定: 可能な限り

常に行う

ブロック パラメーターの [確定的にデータ転送を確保 (最大遅延)] パラメーターが自動挿入の Rate Transition ブロックに対して常に設定されることを示します。

[常に行う] が選択されている場合に、整数の倍数で関連付けられた 2 つの周期的サンプル時間の間に "ない" レート変換を処理するための Rate Transition ブロックをモデルが自動挿入する必要があるときは、Simulink® でエラーが発生します。

可能な限り

ブロック パラメーターの [確定的にデータ転送を確保 (最大遅延)] パラメーターが自動挿入の Rate Transition ブロックに対して可能な場合に設定されることを示します。自動挿入の Rate Transition ブロックが、整数の倍数によって関連付けられた 2 つの周期的サンプル時間の間のデータ転送を処理する場合は、[確定的にデータ転送を確保 (最大遅延)] が設定されます。それ以外の場合、このパラメーターは選択解除されます。

[行わない (最小遅延)]

ブロック パラメーターの [確定的にデータ転送を確保 (最大遅延)] パラメーターが自動挿入の Rate Transition ブロックに対して設定されないことを示します。

メモ

Rate Transition ブロックのパラメーター [確定的にデータ転送を確保 (最大遅延)] を選択解除すると、確定性を必要としないモデルのレイテンシを緩和できます。詳細は、Rate Transition ブロックのリファレンス ページにある [確定的にデータ転送を確保 (最大遅延)] パラメーターに関する説明を参照してください。

カテゴリ: ソルバー

依存関係

このパラメーターは、[データ転送に対するレート変換を自動的に取り扱う] がチェックされている場合にのみ有効になります。

プログラムでの使用

パラメーター: InsertRTBMode
値: 'Always' | 'Whenever possible'| 'Never (minimum delay)'
既定の設定: 'Whenever possible'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策

推奨なし

関連するトピック