Main Content

アンダーフローの検出

説明

シミュレーション中、パラメーター量子化によって、非ゼロ値がゼロにアンダーフローした場合に行う診断アクションを選択します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: なし

なし

Simulink® ソフトウェアはいかなるアクションも実行しません。

警告

Simulink ソフトウェアが警告を表示します。

エラー

Simulink ソフトウェアはシミュレーションを終了し、エラー メッセージを表示します。

ヒント

  • 理想値が小さすぎるためにデータ型の精度が理想値を表現するのに十分でないパラメーターが Simulink によって検出されると、パラメーター アンダーフローが発生します。

  • パラメーター アンダーフローが発生した場合、非ゼロの理想値をパラメーターのデータ型にキャストすると、モデル化された値がゼロになります。

  • パラメーター アンダーフローは、浮動小数点数、固定小数点、整数データ型を含むあらゆるデータ型で発生する可能性があります。たとえば、理想値 1e-46 は、単精度、半精度、あらゆる整数型、一般的に使用されるほとんどの固定小数点型において、ゼロに量子化されます。

  • 絶対量子化誤差は、データ型の精度と比較すると相対的に小さいですが、相対量子誤差は 100% です。アルゴリズムにおけるパラメーターの使用方法によっては、アンダーフローの影響は重大になります。たとえば、パラメーターが乗算または除算で直接使用されている場合、100% の相対量子誤差の影響は重大です。

コマンド ライン情報

パラメーター: ParameterUnderflowMsg
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'none'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策エラー

関連するトピック