Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

桁落ちの検出

説明

シミュレーション中にパラメーターの桁落ちが起きたときに行う診断アクションを選択します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: 警告

なし

Simulink® ソフトウェアはいかなるアクションも実行しません。

警告

Simulink ソフトウェアが警告を表示します。

エラー

Simulink ソフトウェアはシミュレーションを終了し、エラー メッセージを表示します。

ヒント

  • データ型の精度がパラメーターの値を正確に表現するのに十分でないパラメーターが Simulink によって検出されると、桁落ちが発生します。その結果、モデル化された値は理想値と一致しません。

  • 桁落ちはパラメーター オーバーフローとは異なります。パラメーター オーバーフローは、パラメーターのデータ型の範囲、つまりパラメーターが表すことのできる最大値がそのパラメーターの理想値より小さい場合に発生します。

  • パラメーター オーバーフローと桁落ちはいずれも量子化誤差であり、区別が微細なものになる可能性があります。[オーバーフローの検出] 診断では、1 ビットより大きいパラメーター量子化誤差がすべて報告されます。パラメーター量子化誤差が非常に小さく、以下の条件が満たされている場合は、オーバーフローではなく桁落ちが報告されます。

    (Max+Slope)Videal>(MinSlope)

    上記の詳細は次のとおりです。

    • Max は、パラメーターのデータ型によって表される最大値です。

    • Min は、パラメーターのデータ型によって表される最小値です。

    • Slope は、パラメーターのデータ型の勾配です (整数の場合の勾配は 1)。

    • Videal は、パラメーターの最大精度の理想値です。

コマンド ライン情報

パラメーター: ParameterPrecisionLossMsg
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'warning'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策エラー

関連するトピック