Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

同じタイム ステップで実行する複数の駆動ブロックを検出

説明

ソフトウェアにより、同じタイム ステップで実行する Merge ブロックへの 1 つを超える駆動ブロックが検出されたときに行う診断アクションを選択します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: エラー

なし

Simulink® ソフトウェアはいかなるアクションも実行しません。

警告

Simulink ソフトウェアが警告を表示します。

エラー

Simulink は、駆動ブロックの実行順序が明示的に定義されていない場合に限り、シミュレーションを終了してエラー メッセージを表示します。

ヒント

  • 同じタイム ステップで実行される複数の駆動ブロックに Merge ブロックの入力を接続すると、シミュレーションと生成コードのいずれからも矛盾した結果が返される可能性があります。こうした状況を防ぐため、[同じタイム ステップで実行する複数の駆動ブロックを検出][エラー] に設定してください。

  • [指定不足の初期化の検出][簡易] に設定されている場合、このパラメーターは無効になり、Simulink ソフトウェアで最も厳格な設定 (エラー) がこの診断で自動的に使用されます。複数の駆動ブロックを同じタイム ステップで実行すると、常にエラーが発生します。

コマンド ライン情報

パラメーター: MergeDetectMultiDrivingBlocksExec
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'error'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグエラー
トレーサビリティエラー
効率性影響なし
安全対策エラー

参考

関連するトピック