Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ブロック優先順位違反

説明

Simulink® ソフトウェアでブロックの優先順位の仕様に関するエラーを検出したときに行う診断アクションを選択します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: 警告

警告

Simulink によってブロックの優先順位の仕様に関するエラーが検出されたときに、警告を表示します。

エラー

Simulink によってブロックの優先順位の仕様に関するエラーが検出されたときに、シミュレーションを終了して、エラー メッセージを表示します。

ヒント

  • Simulink ソフトウェアでは、更新の優先順位をブロックに割り当てることができます。優先順位の高いブロックの出力メソッドが実行されてから、優先順位の低いブロックの出力メソッドが実行されます。

  • Simulink は、Simulink ブロックの並べ替えアルゴリズムと整合性がある場合にのみ、ユーザーが指定したブロック優先順位を守ります。ユーザーによって指定されたブロック優先順位を Simulink が守れない場合は、ブロックの優先順位の仕様に関するエラーが生成されます。

コマンド ライン情報

パラメーター: BlockPriorityViolationMsg
値: 'warning' | 'error'
既定の設定: 'warning'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策エラー

関連するトピック