Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

事前生成されたライブラリ サブシステム コードが見つからない場合の動作

説明

コードを生成するモデルに、関数インターフェイスをもつ再利用可能なライブラリ サブシステムのインスタンスが含まれる場合、モデルが事前生成されたライブラリ コードを使用できないか、事前生成されたライブラリ コードが見つからない場合に警告またはエラーを表示するかどうかを指定します。

設定

既定の設定: 警告

なし

事前生成されたライブラリ コードが見つからない場合、Simulink® ソフトウェアは警告またはエラーを表示しません。コード ジェネレーターは関数インターフェイスが含まれない再利用可能なライブラリ サブシステムのコードを生成します。再利用可能なライブラリ サブシステム用に生成されたコードは slprj/target/_sharedutils フォルダーにあります。

警告

事前生成されたライブラリ コードが見つからない場合、Simulink ソフトウェアは警告を表示します。コード ジェネレーターは関数インターフェイスが含まれない再利用可能なライブラリ サブシステムのコードを生成します。再利用可能なライブラリ サブシステム用に生成されたコードは slprj/target/_sharedutils フォルダーにあります。

エラー

Simulink ソフトウェアはエラー メッセージを表示します。コード ジェネレーターはコードを生成しません。

ヒント

事前生成されたライブラリ コードを使用するには、モデルのコードを生成する前に、ライブラリのコードを生成します。

コマンド ライン情報

パラメーター: PregeneratedLibrarySubsystemCodeDiagnostic
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'warning'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ[エラー][警告]
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策エラー

関連するトピック