ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

データ転送に対するレート変換を自動的に取り扱う

説明

Simulink® ソフトウェアが、異なるサンプルレートのブロック間に非表示の Rate Transition ブロックを自動的に挿入するかどうかを指定します。これにより、タスク間のデータ転送の整合性を確保し、オプションで周期的タスクに関連したデータ転送の確定性を確保します。

カテゴリ: ソルバー

設定

既定の設定: オフ

オン

レート変換が検出された場合に非表示の Rate Transition ブロックをブロック間に挿入します。非同期タスクと周期的タスクのレート変換を処理します。データ転送のデータ整合性を確保するよう設定された非表示のブロックが Simulink ソフトウェアによって追加されます。このオプションを選択すると、[確定的なデータ転送] パラメーターも有効になり、周期的タスクのデータ転送の確定度を制御できるようになります。

オフ

レート変換が検出された場合に非表示の Rate Transition ブロックを挿入しません。無効な変換が Simulink ソフトウェアによって検出された場合は、該当するブロックのサンプルレートが一致するようにモデルを調整するか、Rate Transition ブロックを手動で追加しなければなりません。

詳細については、Rate Transition ブロックのオプション (Simulink Coder)を参照してください。

ヒント

  • このパラメーターを選択すると、レート変換に関する問題を自動的に処理できます。こうすることにより、Rate Transition ブロックを手動で挿入しなくても、マルチレート モデルにおける無効なレート変換 (非同期から周期のレート変換や非同期間のレート変換など) を防ぐことができます。

  • 非同期タスクの場合、Simulink では、挿入されるブロックがデータ転送時のデータの整合性を確保するように設定されますが、確定性を確保するようには設定されません。

コマンド ライン情報

パラメーター: AutoInsertRateTranBlk
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし (シミュレーション時または開発時)
オフ (量産コード生成時)
効率性影響なし
安全対策

推奨なし

関連するトピック