Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

サンプリング周期よりも短い絶対時間の時相値

説明

状態または遷移の絶対時間演算子が Stateflow® ブロックのサンプル時間よりも短い時間値を使用している場合に、実行する診断アクションを選択します。Stateflow は、ブロックのサンプル時間よりもインクリメントが小さい場合は状態を更新できません。たとえば、サンプル レートが 0.1 sec で演算子が after(5,usec) であるモデルはこの診断をトリガーします。このパラメーターが [警告] または [なし] に設定されている場合、演算子はすべてのタイム ステップで真として評価されます。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: 警告

なし

警告またはエラーは表示されません。

警告

警告が表示されます。

エラー

エラーが表示され、シミュレーションが停止します。

コマンド ライン情報

パラメーター: SFTemporalDelaySmallerThanSampleTimeDiag
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'warning'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグエラー
トレーサビリティエラー
効率性エラー
安全対策エラー

関連するトピック