ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

関数

アルファベット順 カテゴリ別

モデル化

ブロック ライブラリ

HDL Coder

HDL Operations
hdllibHDL コード生成と互換性のあるブロックの表示

モデル編集の基礎

simulinkSimulink スタート ページを開く
start_simulinkウィンドウを開かずに Simulink を起動する
slLibraryBrowserSimulink ライブラリ ブラウザーを開く
new_systemSimulink モデルまたはライブラリをメモリ内に作成
open_systemSimulink のモデル、ライブラリ、サブシステム、ブロックのダイアログ ボックスを開く
load_systemSimulink モデルをバックグラウンド処理で読み込む
Simulink.createFromTemplateテンプレートからのモデルまたはプロジェクトの作成
Simulink.findTemplates指定されたプロパティをもつモデルまたはプロジェクト テンプレートの検索
Simulink.defaultModelTemplate既定のモデル テンプレートを設定または取得する
add_blockブロックをモデルに追加
add_line ラインを Simulink モデルに追加する
replace_blockSimulink モデル内のブロックの置換
delete_blockSimulink システムからのブロックの削除
delete_lineSimulink システムからのラインの削除
bdroot最上位の Simulink システムの名前を返す
find_systemシステム、ブロック、ライン、端子、注釈の検索
gcs現在のシステムの絶対パス名を取得
getfullnameブロックまたはラインの絶対パス名を取得
gcb現在のブロックのパス名を取得
gcbh現在の Simulink ブロックのハンドルを取得
getSimulinkBlockHandleブロック パスからのブロック ハンドルの取得
set_paramシステムとブロックのパラメーター値の設定
get_paramパラメーターの名前と値の取得
add_paramSimulink システムにパラメーターを追加
delete_paramadd_param コマンドにより追加されたシステム パラメーターを削除
Simulink.BlockDiagram.createSubsystem指定されたブロックのセットを含むサブシステムの作成
Simulink.BlockDiagram.deleteContentsブロック線図の内容を削除する
Simulink.BlockDiagram.expandSubsystemサブシステムの内容の上位モデルへの展開
Simulink.SubSystem.copyContentsToBlockDiagramサブシステムの内容を空のブロック線図にコピーする
Simulink.SubSystem.deleteContentsサブシステムの内容を削除
save_systemSimulink システムを保存
close_systemSimulink システム ウィンドウまたはブロック ダイアログ ボックスを閉じる
Simulink.exportToTemplateモデルまたはプロジェクトからテンプレートを作成
Simulink.exportToVersionSimulink の前のバージョンで使用するためのモデルまたはライブラリのエクスポート
bdclose任意の、あるいはすべての Simulink システム ウィンドウを無条件に閉じる
bdIsLoadedブロック線図がメモリ内に存在するかどうかの確認
bdIsLibraryブロック線図がライブラリかどうかの確認
bdIsDirtyブロック線図に未保存の変更があるかどうか
slCharacterEncodingMATLAB 文字セット エンコードの変更
slIsFileChangedOnDiskモデルが読み込み後に変更されたかどうかを判定
printFigure の印刷または特定のファイル形式での保存
orient印刷または保存時の用紙方向
frameeditSimulink と Stateflow ブロック線図用の印刷フレームの編集

モデルの設計

モデルの階層構造

Simulink.BlockDiagram.createSubsystem指定されたブロックのセットを含むサブシステムの作成
Simulink.BlockDiagram.copyContentsToSubsystemブロック線図の内容を空のサブシステムにコピー
Simulink.SubSystem.convertToModelReferenceサブシステムからモデル参照への変換
Simulink.SubSystem.copyContentsToBlockDiagramサブシステムの内容を空のブロック線図にコピーする
Simulink.SubSystem.deleteContentsサブシステムの内容を削除
Simulink.BlockDiagram.expandSubsystemサブシステムの内容の上位モデルへの展開
Simulink.SubSystem.getChecksum非バーチャル サブシステムのチェックサムを返す

非線形性

Simulink.LookupTableルックアップ テーブルおよびブレークポイント データを格納および共有し、ASAP2 および AUTOSAR コードの生成用にデータを構成
Simulink.Breakpointブレークポイント セットのデータの格納と共有、ASAP2 および AUTOSAR コード生成用のデータの構成
Simulink.lookuptable.Tableルックアップ テーブル オブジェクトのテーブル データを構成する
Simulink.lookuptable.Breakpointルックアップ テーブル オブジェクトのブレークポイント セット データを構成する
Simulink.lookuptable.StructTypeInfoルックアップ テーブル オブジェクトが生成されたコード内で使用する構造体型の設定を構成する

マルチコア プロセッサ ターゲット

Simulink.architecture.config同時実行用のコンフィギュレーションの作成と変換
Simulink.architecture.addモデルの選択したアーキテクチャへのタスクまたはトリガーの追加
Simulink.architecture.deleteモデルの選択したアーキテクチャからのトリガーまたはタスクの削除
Simulink.architecture.find_systemアーキテクチャ オブジェクトのオブジェクトの検索
Simulink.architecture.get_paramアーキテクチャ オブジェクトのコンフィギュレーション パラメーターの取得
Simulink.architecture.importAndSelectモデルの同時実行環境用のターゲット アーキテクチャのインポートと選択
Simulink.architecture.profile同時実行用に構成されたモデルのプロファイル レポートの生成
Simulink.architecture.register同時実行ターゲット アーキテクチャのセレクターへのカスタム ターゲット アーキテクチャの追加
Simulink.architecture.set_paramアーキテクチャ オブジェクトのプロパティの設定
Simulink.GlobalDataTransfer同時実行データ転送の設定

モデルの構成

ブロック

set_paramシステムとブロックのパラメーター値の設定
get_paramパラメーターの名前と値の取得
Simulink.DualScaledParameter Simulink の 2 つのスケール パラメーターの名前、値、単位、その他のプロパティの指定
Simulink.Parameterブロック パラメーターの値を保存、共有、構成する

信号

disableimplicitsignalresolution信号を明示的に決めるためにモデルを変換する
signalbuilderSignal Builder ブロックを作成してアクセスする
Simulink.Signal信号の属性を指定

変数

getVariableワークスペースからの変数の値の取得
hasVariable変数がワークスペース内に存在するかどうかを判断
Simulink.findVarsモデルの変数およびブロックの関係を解析します。
matlab.io.saveVariablesToScriptMATLAB スクリプトへのワークスペース変数の保存
Simulink.data.evalinGlobalSimulink モデルのコンテキストでの MATLAB 式の評価
Simulink.data.assigninGlobalSimulink モデルのコンテキストでの変数値の変更
Simulink.data.existsInGlobalSimulink モデルのコンテキスト内で変数の存在をチェック
Simulink.data.dictionary.create新しいデータ ディクショナリの作成と Simulink.data.Dictionary オブジェクトの作成
Simulink.data.dictionary.openデータ ディクショナリを編集用に開く
Simulink.data.dictionary.cleanupWorkerCacheデータ ディクショナリを使用した並列シミュレーション後に既定の設定に戻す
Simulink.data.dictionary.setupWorkerCacheデータ ディクショナリを使用した並列シミュレーションの有効化
Simulink.data.dictionary.getOpenDictionaryPaths開いているデータ ディクショナリのファイル名とパスを返す
Simulink.data.dictionary.closeAll開いているすべてのデータ ディクショナリへのすべての接続を閉じる
Simulink.ModelWorkspaceモデル ワークスペースを記述
Simulink.WorkspaceVar ワークスペース変数とそれを使用するブロックについての情報を格納
Simulink.VariableUsageモデル内の変数とブロックの間の関係に関する情報を保存します。
Simulink.CoderInfo 信号またはパラメーター データのコードを生成するために必要な情報を指定
Simulink.data.Dictionaryデータ ディクショナリの設定
Simulink.data.dictionary.Sectionデータ ディクショナリ セクションを設定
Simulink.data.dictionary.Entryデータ ディクショナリ エントリを設定
Simulink.data.dictionary.EnumTypeDefinitionデータ ディクショナリに列挙型定義を格納

サンプル時間

Simulink.BlockDiagram.getSampleTimesモデルに関連付けられているすべてのサンプル時間を返す
Simulink.Block.getSampleTimesブロックのサンプル時間情報を返す
Simulink.SampleTimeサンプル時間の情報を含むオブジェクト
Simulink.BlockPortDataブロックの入力端子または出力端子を記述

データ型

enumerationクラスの列挙型メンバーと名前を表示
Simulink.defineIntEnumType列挙型データを定義
Simulink.data.getEnumTypeInfo列挙データ型に関する情報の取得
fixdt固定小数点または浮動小数点のデータ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトの作成
fixpt_evenspace_cleanupルックアップ テーブルのブレークポイントが等間隔になるように修正
fixpt_interp11 次元のルックアップ テーブルの実装
fixpt_look1_func_approxルックアップ テーブルのデータ点を内挿することによって、非線形関数の固定小数点近似を最適化
fixpt_look1_func_plotルックアップ テーブルの固定小数点近似関数をプロットする
fixpt_set_allサブシステム内の各固定小数点ブロックのプロパティを設定
fixptbestexp値の固定小数点表現を最高の精度で表現できる指数
fixptbestprec値を固定小数点で表現する際に可能な最高精度の導出
float浮動小数点データ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトの作成
fxptdlg固定小数点ツールを起動
num2fixpt数値を、指定した固定小数点データ型で表現可能な最近値に変換
sfix符号付き固定小数点のデータ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトの作成
sfrac符号付き分数のデータ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトの作成
sint符号付き整数のデータ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトの作成
Simulink.importExternalCTypesC または C++ コードで定義されたカスタム データ型の Simulink 表現の生成
tunablevars2parameterobjects調整可能なパラメーターから Simulink パラメーター オブジェクトを作成
ufix符号なしの固定小数点のデータ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトの作成
ufrac符号なしの分数のデータ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトの作成
uint符号なしの整数のデータ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトの作成
Simulink.AliasType信号およびパラメーターのデータ型のエイリアスの作成
Simulink.NumericType浮動小数点、整数、固定小数点のデータ型の指定

モデル、ブロックおよび端子のコールバック

set_paramシステムとブロックのパラメーター値の設定
get_paramパラメーターの名前と値の取得
getCallbackAnnotation注釈についての情報を取得
Simulink.Annotationモデルの注釈プロパティの指定

モデルの注釈付け

add_blockブロックをモデルに追加
docblockSimulink DocBlock が呼び出すエディターの取得と設定
hilite_systemブロック、信号線、端子または注釈の強調表示
getCallbackAnnotation注釈についての情報を取得
Simulink.Annotationモデルの注釈プロパティの指定

モデルの変換

離散化

slmdldiscuiモデルの離散化ツール GUI を開く
sldiscmdl連続的なブロックを含むモデルの離散化

平衡化と線形化

trim動的システムの平衡点の検出
dlinmod離散時間線形状態空間モデルを操作点の周りで抽出
linmod連続時間線形状態空間モデルを操作点の周りで抽出
linmod2連続時間線形状態空間モデルを操作点の周りで抽出
linmodv5連続時間線形状態空間モデルを操作点の周りで抽出
Simulink.BlockDiagram.getInitialStateブロック線図の初期状態データを返す

固定小数点

fxptdlg固定小数点ツールを起動
fixdt固定小数点または浮動小数点のデータ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトの作成
fixpt_look1_func_approxルックアップ テーブルのデータ点を内挿することによって、非線形関数の固定小数点近似を最適化
fixpt_evenspace_cleanupルックアップ テーブルのブレークポイントが等間隔になるように修正
fixpt_interp11 次元のルックアップ テーブルの実装
fixpt_look1_func_plotルックアップ テーブルの固定小数点近似関数をプロットする
fixpt_set_allサブシステム内の各固定小数点ブロックのプロパティを設定
fixptbestexp値の固定小数点表現を最高の精度で表現できる指数
fixptbestprec値を固定小数点で表現する際に可能な最高精度の導出
float浮動小数点データ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトの作成
num2fixpt数値を、指定した固定小数点データ型で表現可能な最近値に変換
sfix符号付き固定小数点のデータ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトの作成

モデル チェックの実行

modeladvisorモデル アドバイザーを開く
Simulink.ModelAdvisorMATLAB ファイルからモデル アドバイザーを実行
ModelAdvisor.Preferencesモデル アドバイザー ウィンドウを設定し、表示するフォルダーとタブを指定

診断

sldiagnosticsSimulink システムに関する診断情報の表示
Simulink.restoreDiagnostic特定のブロック、サブシステム、またはモデルに対する診断の警告を元に戻す
Simulink.suppressDiagnostic特定のブロックからの診断の警告を非表示にする
Simulink.getSuppressedDiagnostics ブロック、サブシステム、またはモデルに関連付けられた Simulink.SuppressedDiagnostic オブジェクトを返します。
Simulink.SuppressedDiagnostic指定されたブロックからの診断の警告を非表示にする

シミュレーション

モデルの入力と出力の準備

読み込む信号データの作成

getRootInportMap信号をルートレベルの Inport にマッピングするカスタム オブジェクトの作成
getSlRootInportMapSimulink マッピング モードを使用して信号をルートレベルの Inport にマッピングするカスタム オブジェクトの作成
signalbuilderSignal Builder ブロックを作成してアクセスする
Simulink.BlockDiagram.getInitialStateブロック線図の初期状態データを返す
Simulink.Bus.createMATLABStructバス信号と同じ階層と属性を使用して MATLAB 構造体を作成
Simulink.SimulationData.createStructOfTimeseriesMATLAB timeseries オブジェクトのリーフ ノードを用いた構造体の作成
createInputDatasetモデルにルートレベル Inport ブロックのデータセット オブジェクトを生成

シミュレーションのための信号データの読み込み

getRootInportMap信号をルートレベルの Inport にマッピングするカスタム オブジェクトの作成
convertToSlDatasetMAT ファイルの内容の Simulink.SimulationData.Dataset オブジェクトへの変換
getSlRootInportMapSimulink マッピング モードを使用して信号をルートレベルの Inport にマッピングするカスタム オブジェクトの作成
signalbuilderSignal Builder ブロックを作成してアクセスする
getInputStringマッピングする変数のコンマ区切りのリストを作成する
Simulink.BlockDiagram.getInitialStateブロック線図の初期状態データを返す
Simulink.Bus.createMATLABStructバス信号と同じ階層と属性を使用して MATLAB 構造体を作成
Simulink.SimulationData.createStructOfTimeseriesMATLAB timeseries オブジェクトのリーフ ノードを用いた構造体の作成

シミュレーションのランタイム データの保存

Simulink.ModelDataLogs.convertToDatasetログ データの Simulink.ModelDataLogs 形式から Simulink.SimulationData.Dataset 形式からへの変換
Simulink.SimulationData.signalLoggingSelector信号のログ セレクターを開く
Simulink.SimulationData.updateDatasetFormatLogging信号のログに Dataset 形式を使用するよう、モデルおよびその参照モデルを変換する
unpack信号ログから信号ログ処理オブジェクトを抽出し、MATLAB ワークスペースに書き込む
Simulink.SimulationData.createStructOfTimeseriesMATLAB timeseries オブジェクトのリーフ ノードを用いた構造体の作成
Simulink.SimulationData.forEachTimeseries 各 timeseries オブジェクトで関数を呼び出す
Simulink.SimulationData.Unit.setNameログ データの単位の名前の指定
Simulink.SimulationData.DatasetRef.getDatasetVariableNamesMAT ファイルの Dataset 変数名のリスト
Simulink.SimulationData.DatasetRef.getAsDatastore参照された Dataset オブジェクトから要素の matlab.io.datastore.SimulationDatastore 表現を取得する
who最上位のデータ ログ オブジェクトの名前を SimulinkModelDataLogs データ ログにリストする
whos最上位のデータ ログ オブジェクトの名前と型を SimulinkModelDataLogs データ ログにリストする
Simulink.SimulationData.DatasetSimulink.SimulationData.Dataset オブジェクトの作成
Simulink.SimulationData.DatasetRefSimulink.SimulationData.DatasetRef オブジェクトの作成
matlab.io.datastore.SimulationDatastoreSimulink モデルの入力および出力用データ ストア
Simulink.SimulationData.BlockPath完全に指定された Simulink ブロック パス
Simulink.SimulationData.Signal信号のログ情報のコンテナー
Simulink.SimulationData.State状態ログの要素
Simulink.SimulationData.Unitシミュレーション データの単位の保存
Simulink.SimulationOutputシミュレーション結果のオブジェクト値へのアクセス
Simulink.SimulationData.LoggingInfo信号ログ オーバーライド設定
Simulink.SimulationData.ModelLoggingInfoモデルの信号ログ オーバーライド設定
Simulink.SimulationData.SignalLoggingInfo信号の信号ログ オーバーライド設定
Simulink.SimulationMetadataシミュレーション実行のメタデータへのアクセス

シミュレーション条件の構成

openDialog[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログを開く
closeDialogコンフィギュレーション パラメーター ダイアログを閉じる

シミュレーションの実行

プログラムによる個々のシミュレーションの実行

sim動的システムのシミュレーション
modelモデルのシミュレーションの特定のフェーズを実行
find シミュレーション結果の値へのアクセスと表示
get シミュレーション結果の値へのアクセスと表示
who最上位のデータ ログ オブジェクトの名前を SimulinkModelDataLogs データ ログにリストする
set_paramシステムとブロックのパラメーター値の設定
get_paramパラメーターの名前と値の取得
getInitialStateブロック線図の初期状態データを返す
setBlockSimState 個々の Stateflow Chart、MATLAB Function、S-Function ブロックの SimState へのアクセス
getBlockSimState 個々の Stateflow Chart、MATLAB Function、S-Function ブロックの SimState へのアクセス
add_exec_event_listenerブロック メソッド実行イベントに対するリスナーを登録
Simulink.SimState.ModelSimState SimState スナップショット データへのアクセス
eventDataブロック メソッドの実行イベントに関する情報を提供

複数のシミュレーションの実行

parsim動的システムの並列または逐次でのシミュレーション
in.setBlockParameterSimulationInput オブジェクト in を使用して特定のシミュレーションに使用されるブロック パラメーターを設定
in.setModelParameterSimulationInput オブジェクト in によって、特定のシミュレーションに使用するモデル パラメーターを設定
in.setVariableSimulationInput オブジェクト in を使用してシミュレーションの変数を設定
in.ExternalInputSimulationInput オブジェクト in を使用してシミュレーションに外部入力を設定
in.InitialStateSimulationInput オブジェクト in を使用して特定のシミュレーションに使用する初期状態を設定
in.applyToModelSimulationInput オブジェクト in を使用して指定されたモデルに変更を適用
in.PreSimFcnSimulationInput オブジェクト in を使用して各シミュレーションの開始前に MATLAB 関数が実行されるように指定します。
in.PostSimFcn SimulationInput オブジェクト in を使用して、シミュレーションが完了するたびに MATLAB 関数が実行されるように指定します。
in.validateSimulationInput オブジェクト in の内容を検証
Simulink.SimulationInput複数または個々のシミュレーション用にモデルを変更する SimulationInput オブジェクトを作成

シミュレーション結果の表示と解析

シミュレーション結果の検証と解析

find シミュレーション結果の値へのアクセスと表示
get シミュレーション結果の値へのアクセスと表示
who最上位のデータ ログ オブジェクトの名前を SimulinkModelDataLogs データ ログにリストする
Simulink.sdi.viewシミュレーション データ インスペクターを開く
Simulink.sdi.closeシミュレーション データ インスペクターを閉じる
Simulink.sdi.setSubPlotLayoutサブプロットのレイアウトを設定する
Simulink.sdi.clearPreferencesシミュレーション データ インスペクターでの設定変更のクリア
Simulink.sdi.compareRuns2 つのシミュレーション実行間のデータを比較する
Simulink.sdi.compareSignals2 つの信号からデータを比較する
Simulink.sdi.getRunシミュレーション出力データを含んだ Simulink.sdi.Run オブジェクトを取得する
Simulink.sdi.copyRun実行のコピーの作成
Simulink.sdi.deleteRunシミュレーション データ インスペクターから実行を削除する
Simulink.sdi.createRunシミュレーション データ インスペクターで実行を作成する
Simulink.sdi.getRunNamingRuleシミュレーション データ インスペクターの実行に関する実行命名規則を取得する
Simulink.sdi.setRunNamingRule実行の命名規則を指定
Simulink.sdi.resetRunNamingRuleシミュレーション データ インスペクターの実行の命名規則を既定値にリセットする
Simulink.sdi.setRunOverwriteシミュレーション データ インスペクターの実行に関する実行モードの上書きを有効にする
Simulink.sdi.getRunCountシミュレーション データ インスペクターに含まれている実行の数を取得する
Simulink.sdi.getRunIDByIndex指定された実行インデックスに対応する実行 ID を取得する
Simulink.sdi.getAllRunIDs シミュレーション データ インスペクター内のすべての実行識別子の取得
Simulink.sdi.isValidRunID実行 ID が有効かどうかを判定する
Simulink.sdi.setTableGrouping[検査] ペインの信号のグループ化階層を変更する
Simulink.sdi.copyRunViewSettingsある実行から別の実行に信号のライン スタイルと色の指定をコピーする
Simulink.sdi.createRunOrAddToStreamedRun すべてのシミュレーション出力に対する単一の信号の作成
Simulink.sdi.getSignalシミュレーション データ インスペクターに含まれている指定された信号の Simulink.sdi.Signal オブジェクトを取得する
Simulink.sdi.deleteSignalシミュレーション データ インスペクターから信号を削除する
Simulink.sdi.addToRun既存の実行にデータを追加する
Simulink.sdi.markSignalForStreaming信号のストリーミングをオンまたはオフにする
Simulink.sdi.save現在のシミュレーション データ インスペクター セッションを保存する
Simulink.sdi.load保存したシミュレーション データ インスペクターのセッションまたはビューの読み込み
Simulink.sdi.clearシミュレーション データ インスペクターからすべてのデータを消去する
Simulink.sdi.exportRun 指定された実行内のデータの Simulink.SimulationData.Dataset オブジェクトを作成する
Simulink.sdi.reportシミュレーション データ インスペクター レポートを生成する
Simulink.sdi.importDataFromWorkersParallel Computing Toolbox ワーカーからのデータのインポート
Simulink.sdi.DiffRunResult2 つのシミュレーション実行の比較結果
Simulink.sdi.DiffSignalResult2 つの信号の比較結果
Simulink.sdi.Runシミュレーション実行の信号データおよびメタデータを管理
Simulink.sdi.Signal信号の時系列データおよびメタデータを管理
Simulink.SimulationData.DatasetSimulink.SimulationData.Dataset オブジェクトの作成
Simulink.HMI.InstrumentedSignalsモデル内のストリーム信号へのアクセス
Simulink.HMI.SignalSpecification単一信号のストリーミングに必要な情報

対話型表示を使用したシミュレーションの制御

Simulink.HMI.InstrumentedSignalsモデル内のストリーム信号へのアクセス
Simulink.HMI.SignalSpecification単一信号のストリーミングに必要な情報

シミュレーションのテストとデバッグ

Simulink デバッガー

sldebugシミュレーションをデバッグ モードで開始

診断

sldiagnosticsSimulink システムに関する診断情報の表示
Simulink.restoreDiagnostic特定のブロック、サブシステム、またはモデルに対する診断の警告を元に戻す
Simulink.suppressDiagnostic特定のブロックからの診断の警告を非表示にする
Simulink.getSuppressedDiagnostics ブロック、サブシステム、またはモデルに関連付けられた Simulink.SuppressedDiagnostic オブジェクトを返します。
Simulink.BlockDiagram.getChecksumモデルのチェックサムを返す
Simulink.SubSystem.getChecksum非バーチャル サブシステムのチェックサムを返す
Simulink.getSuppressedDiagnostics ブロック、サブシステム、またはモデルに関連付けられた Simulink.SuppressedDiagnostic オブジェクトを返します。
Simulink.suppressDiagnostic特定のブロックからの診断の警告を非表示にする
Simulink.restoreDiagnostic特定のブロック、サブシステム、またはモデルに対する診断の警告を元に戻す
modeladvisorモデル アドバイザーを開く
sldebugシミュレーションをデバッグ モードで開始
addtermsモデル内の接続されていない端子にターミネータを追加
Simulink.SuppressedDiagnostic指定されたブロックからの診断の警告を非表示にする

パフォーマンス

パフォーマンスの自動最適化

performanceadvisorパフォーマンス アドバイザーを開く

速度の向上

sim動的システムのシミュレーション
set_paramシステムとブロックのパラメーター値の設定
Simulink.BlockDiagram.buildRapidAcceleratorTargetモデルのラピッド アクセラレータ ターゲットをビルドして実行時パラメーター セットを返す
Simulink.BlockDiagram.getChecksumモデルのチェックサムを返す
Simulink.SubSystem.getChecksum非バーチャル サブシステムのチェックサムを返す
slbuildモデルのスタンドアロン実行可能ファイルまたはモデル参照ターゲットを作成する。特に言及がなければ、この関数には Simulink Coder ライセンスが必要

パフォーマンスの手動最適化

slprofreport以前の実行で保存されたデータ、ProfileData からのプロファイラー レポートの再生成
sldiagnosticsSimulink システムに関する診断情報の表示

コンポーネントベースのモデル化

モデル アーキテクチャ

サブシステム

Simulink.BlockDiagram.createSubsystem指定されたブロックのセットを含むサブシステムの作成
Simulink.BlockDiagram.copyContentsToSubsystemブロック線図の内容を空のサブシステムにコピー
Simulink.BlockDiagram.expandSubsystemサブシステムの内容の上位モデルへの展開
Simulink.SubSystem.convertToModelReferenceサブシステムからモデル参照への変換
Simulink.SubSystem.copyContentsToBlockDiagramサブシステムの内容を空のブロック線図にコピーする
Simulink.SubSystem.deleteContentsサブシステムの内容を削除

ライブラリ

libinfoモデルにより参照されるライブラリ ブロックに関する情報を取得
gcb現在のブロックのパス名を取得
gcbh現在の Simulink ブロックのハンドルを取得
LibraryBrowser.LibraryBrowser2Simulink ライブラリ ブラウザー

モデル参照

find_mdlrefsモデル ブロックや参照先モデルをすべてまたは最上位のみのレベルで検索
view_mdlrefsモデル参照の依存関係を表示
Simulink.SubSystem.convertToModelReferenceサブシステムからモデル参照への変換
slbuildモデルのスタンドアロン実行可能ファイルまたはモデル参照ターゲットを作成する。特に言及がなければ、この関数には Simulink Coder ライセンスが必要

データ ストア

Simulink.SimulationData.DataStoreMemoryデータ ストア ログ情報のコンテナー
Simulink.SimulationData.BlockPath完全に指定された Simulink ブロック パス
Simulink.SimulationData.DatasetSimulink.SimulationData.Dataset オブジェクトの作成

合成信号

Simulink.BlockDiagram.addBusToVectorバスを Vector ブロックに追加してバーチャル バス信号をベクトル信号に変換
Simulink.Bus.cellToObjectバスの情報を含むセル配列をバス オブジェクトに変換
Simulink.Bus.createMATLABStructバス信号と同じ階層と属性を使用して MATLAB 構造体を作成
Simulink.Bus.createObjectブロックまたは MATLAB 構造体からのバス オブジェクトの作成
Simulink.Bus.objectToCellバス オブジェクトを使用して、バス情報を含むセル配列を作成
Simulink.Bus.saveMATLAB ファイルにバス オブジェクトを保存
slreplace_muxレガシ モデルで、バスの作成に使用される Mux ブロックを Bus Creator ブロックで置き換える
Simulink.Bus バス信号のプロパティを指定
Simulink.BusElement バス信号の要素を記述

コンフィギュレーションの再利用

attachConfigSetコンフィギュレーション セットまたはコンフィギュレーション参照をモデルに関連付ける
attachConfigSetCopyコンフィギュレーション セットまたはコンフィギュレーション参照のコピーをモデルに関連付ける
detachConfigSetコンフィギュレーション セットまたはコンフィギュレーション参照のモデルからの分離
getActiveConfigSetモデルのアクティブなコンフィギュレーション セットまたはコンフィギュレーション参照を取得
getConfigSetモデルのコンフィギュレーション セットまたはコンフィギュレーション参照の 1 つを取得
getConfigSetsモデルのコンフィギュレーション セットまたはコンフィギュレーション参照の名前を取得
setActiveConfigSetモデルのアクティブなコンフィギュレーション セットまたはコンフィギュレーション参照を指定
Simulink.BlockDiagram.loadActiveConfigSetコンフィギュレーション セットを読み込み、モデルと関連付けてアクティブ化
Simulink.BlockDiagram.propagateConfigSet最上位モデルのコンフィギュレーション参照を参照モデルに伝播
Simulink.BlockDiagram.restoreConfigSet変換されたモデルのモデル コンフィギュレーションの復元
Simulink.BlockDiagram.saveActiveConfigSetモデルのアクティブなコンフィギュレーション セットを保存
set_paramシステムとブロックのパラメーター値の設定
get_paramパラメーターの名前と値の取得
Simulink.ConfigSetモデルのコンフィギュレーション セットにアクセスする
Simulink.ConfigSetRef他のモデルと独立して格納されたコンフィギュレーション セットにモデルをリンクする

バリアント システム

Simulink.Variantバリアント選択を制御する条件を指定
Simulink.VariantConfigurationDataバリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトを表すクラス

プロジェクト管理

Simulink プロジェクトの設定

simulinkprojectSimulink プロジェクトを開いてプロジェクト オブジェクトを取得
slproject.create空の Simulink プロジェクトを作成する
Simulink.createFromTemplateテンプレートからのモデルまたはプロジェクトの作成
Simulink.findTemplates指定されたプロパティをもつモデルまたはプロジェクト テンプレートの検索
Simulink.exportToTemplateモデルまたはプロジェクトからテンプレートを作成
slproject.getCurrentProjectsすべての最上位 Simulink プロジェクトのリスト
slproject.loadProjectSimulink プロジェクトを読み込みます。
exportSimulink プロジェクトを zip にエクスポートする
closeSimulink プロジェクトを閉じる
addFileファイルを Simulink プロジェクトに追加します。
addPathSimulink プロジェクトのパスにフォルダーを追加する
addReference参照プロジェクトを Simulink プロジェクトに追加する
addShortcutショートカットを Simulink プロジェクトに追加する
addFolderIncludingChildFilesSimulink プロジェクトにフォルダーと子ファイルを追加します
findFile名前を指定して Simulink プロジェクト ファイルを取得
isLoadedSimulink プロジェクトが読み込まれているかどうかを確認する
reloadSimulink プロジェクトの再読み込み
removeFileSimulink プロジェクトからファイルを削除する
removePathSimulink プロジェクト パスからフォルダーを削除する
removeReferenceフォルダーを Simulink プロジェクト パスに追加する
removeShortcutショートカットを Simulink プロジェクトから削除する

Simulink プロジェクト ファイルの管理

simulinkprojectSimulink プロジェクトを開いてプロジェクト オブジェクトを取得
slproject.loadProjectSimulink プロジェクトを読み込みます。
slproject.getCurrentProjectsすべての最上位 Simulink プロジェクトのリスト
addFileファイルを Simulink プロジェクトに追加します。
addFolderIncludingChildFilesSimulink プロジェクトにフォルダーと子ファイルを追加します
addLabelSimulink プロジェクトファイルにラベルを追加します。
addPathSimulink プロジェクトのパスにフォルダーを追加する
addReference参照プロジェクトを Simulink プロジェクトに追加する
addShortcutショートカットを Simulink プロジェクトに追加する
closeSimulink プロジェクトを閉じる
createCategorySimulink プロジェクト ラベルのカテゴリの作成
createLabelSimulink プロジェクトのラベルの定義
exportSimulink プロジェクトを zip にエクスポートする
findCategoryラベルの Simulink プロジェクト カテゴリの取得
findFile名前を指定して Simulink プロジェクト ファイルを取得
findLabelSimulink プロジェクト ファイルのラベルを取得する
isLoadedSimulink プロジェクトが読み込まれているかどうかを確認する
reloadSimulink プロジェクトの再読み込み
removeCategoryラベルの Simulink プロジェクト カテゴリの削除
removeLabelSimulink プロジェクトからラベルを削除する

依存性解析

simulinkprojectSimulink プロジェクトを開いてプロジェクト オブジェクトを取得
listRequiredFilesプロジェクト ファイルの依存関係を取得する
dependencies.fileDependencyAnalysisモデル ファイルの依存関係の検出
dependencies.toolboxDependencyAnalysisツールボックスの依存関係の検出

Simulink プロジェクトのソース管理

simulinkprojectSimulink プロジェクトを開いてプロジェクト オブジェクトを取得
listModifiedFilesSimulink プロジェクトの変更済みファイルのリスト
listRequiredFilesプロジェクト ファイルの依存関係を取得する
refreshSourceControlSimulink プロジェクト ファイルのソース管理ステータスの更新
Simulink.getFileChecksumファイルのチェックサム

モデルの調査

find_systemシステム、ブロック、ライン、端子、注釈の検索
find_mdlrefsモデル ブロックや参照先モデルをすべてまたは最上位のみのレベルで検索
Simulink.findVarsモデルの変数およびブロックの関係を解析します。
dependencies.fileDependencyAnalysisモデル ファイルの依存関係の検出
dependencies.toolboxDependencyAnalysisツールボックスの依存関係の検出
Simulink.MDLInfoブロック線図をメモリに読み込まずにモデル ファイル情報を抽出する
Simulink.MDLInfo.getDescriptionブロック線図をメモリに読み込まずにモデル ファイル情報を抽出する
Simulink.MDLInfo.getMetadataブロック線図をメモリに読み込まずにモデル ファイル メタデータを抽出する
LibraryBrowser.LibraryBrowser2Simulink ライブラリ ブラウザー

モデリング ガイドライン

モデルのアップグレード

upgradeadvisorアップグレード アドバイザーを開く

ブロックの作成

ブロック マスク

Simulink.Maskマスクをプログラムで制御
Simulink.MaskParameterマスク パラメーターをプログラムで制御
Simulink.dialog.Controlダイアログ コントロールのインスタンスの作成

カスタム MATLAB アルゴリズム

MATLAB アルゴリズム設計

アルゴリズム設計の基礎
coder.allowpcode保護された MATLAB ファイルからのコード生成の制御
coder.ceval外部 C/C++ 関数の呼び出し
coder.cinclude生成コードにヘッダー ファイルをインクルードする
coder.cstructname生成されたコード内の構造体の命名
coder.extrinsic外部関数の宣言
coder.inline生成コードにおけるインライン化の制御
coder.loadMAT ファイルまたは ASCII ファイルから、呼び出し側ワークスペースにコンパイル時の定数を読み込む
coder.nullcopy初期化されていない変数の宣言
coder.opaque生成コード内の変数の宣言
coder.ref引数の参照渡し
coder.rref読み取り専用の入力として引数を参照渡しする
coder.targetコード生成ターゲットが指定されたターゲットかどうかを判別
coder.unroll各ループ反復でループ本体のコピーを作成することで、for ループを展開
coder.varsize可変サイズの配列の宣言
coder.wref書き込み専用としての引数の参照渡し
データ定義
可変サイズ データ
coder.varsize可変サイズの配列の宣言
構造体
coder.cstructname生成されたコード内の構造体の命名
セル配列
coder.cstructname生成されたコード内の構造体の命名
coder.varsize可変サイズの配列の宣言
関数定義
coder.extrinsic外部関数の宣言
coder.ignoreConst関数の特殊化の式における定数値の使用の防止
coder.unroll各ループ反復でループ本体のコピーを作成することで、for ループを展開

コード生成

coder.allowpcode保護された MATLAB ファイルからのコード生成の制御
coder.ceval外部 C/C++ 関数の呼び出し
coder.cinclude生成コードにヘッダー ファイルをインクルードする
coder.const生成コードでの定数への式のたたみ込み
coder.cstructname生成されたコード内の構造体の命名
coder.extrinsic外部関数の宣言
coder.inline生成コードにおけるインライン化の制御
coder.loadMAT ファイルまたは ASCII ファイルから、呼び出し側ワークスペースにコンパイル時の定数を読み込む
coder.opaque生成コード内の変数の宣言
coder.ref引数の参照渡し
coder.rref読み取り専用の入力として引数を参照渡しする
coder.screener関数がコード生成に適しているかどうか判別
coder.targetコード生成ターゲットが指定されたターゲットかどうかを判別
coder.unroll各ループ反復でループ本体のコピーを作成することで、for ループを展開
coder.wref書き込み専用としての引数の参照渡し
coder.updateBuildInfoビルド情報オブジェクト RTW.BuildInfo の更新
coder.ExternalDependency外部コードへのインターフェイス
coder.BuildConfigコード生成時のビルド コンテキスト

パフォーマンス

coder.inline生成コードにおけるインライン化の制御
coder.unroll各ループ反復でループ本体のコピーを作成することで、for ループを展開
coder.const生成コードでの定数への式のたたみ込み

レガシ コードの統合

legacy_codeレガシ コード ツールの使用

ホスト固有のコード

MATLAB S-Function

Simulink.MSFcnRunTimeBlockLevel-2 MATLAB S-Function ブロックに関する実行時の情報を取得する
Simulink.RunTimeBlockシミュレーションの実行中における、Level-2 MATLAB S-Function やその他の MATLAB プログラムによるブロックに関する情報の取得
Simulink.BlockDataブロック パラメーターなど、ブロックに関連するデータの実行時の情報を提供する
Simulink.BlockPortDataブロックの入力端子または出力端子を記述
Simulink.BlockCompDworkDataブロックの Dwork ベクトルに関するコンパイル後の情報を提供する
Simulink.BlockCompInputPortDataブロックの入力端子に関するコンパイル後の情報を提供
Simulink.BlockCompOutputPortDataブロックの出力端子に関するコンパイル後の情報を提供
Simulink.BlockPreCompInputPortDataブロックの入力端子に関するコンパイル前の情報を提供
Simulink.BlockPreCompOutputPortDataブロックの出力端子に関するコンパイル前の情報を提供

System object の統合

System object の Simulink 向けのカスタマイズ

matlab.system.mixin.CustomIconカスタム アイコン mixin クラス
matlab.system.display.Iconカスタム アイコン イメージ
matlab.system.display.Actionカスタム ボタン
matlab.system.display.HeaderSystem object プロパティのヘッダー
matlab.system.display.SectionSystem object のプロパティ グループ セクション
matlab.system.display.SectionGroupSystem object のセクション グループ
matlab.system.mixin.Propagates信号特性伝播 mixin クラス
matlab.system.mixin.Nondirect非直接フィードスルー mixin クラス
この情報は役に立ちましたか?