ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

列挙型

MATLAB Function ブロックの列挙型データの定義と使用

列挙型は名前付きの値の固定セットを表します。列挙型により MATLAB® コードが読みやすくなります。MATLAB Function ブロックでは、列挙型クラスは Simulink.IntEnumTypeint8uint8int16uint16 または int32 から派生しなければなりません。Simulink® Coder™ を使用して C/C++ コードを生成する場合、列挙型クラスの基本データ型によって生成されたコードにおける列挙型の表現方法が決まります。

ブロック

MATLAB Function組み込み C コードを生成する MATLAB コードをモデルに含める

トピック

列挙型のコードの生成

コード生成用に MATLAB コードで列挙型を使用します。

MATLAB Function ブロックへの列挙型入力、出力およびパラメーターの追加

[端子とデータの管理] を使用して、MATLAB Function ブロックの入力、出力およびパラメーターの列挙型を指定する。

LED 表示を制御するための列挙型の使用

LED 表示の色を決定する列挙型を MATLAB Function ブロックで使用する。