ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

条件付き実行サブシステムとモデル

サブシステムまたはモデルの実行時に制御

"条件付き実行サブシステム" または "条件付き実行参照モデル" は以下のように実行されます。

  • 外部信号によって有効またはトリガーされたときに現在のタイム ステップで 1 回

  • 関数呼び出しイベントを受信したときにタイム ステップ中に 1 回以上

"制御信号" と呼ばれる外部信号は "制御入力" 端子に接続されています。

条件が評価された後に実行されるサブシステムについては、論理的に条件付きで実行されるサブシステムを参照してください。

ブロック

すべて展開する

Enabled Subsystem外部入力によって実行がイネーブルになるサブシステム
Triggered Subsystem外部入力により実行がトリガーされるサブシステム
Enabled and Triggered Subsystem実行が外部入力によって有効化され、トリガーされるサブシステム
Enableイネーブル端子をサブシステムまたはモデルに追加
Triggerサブシステムまたはモデルにトリガー端子または関数端子を追加
Function-Call Subsystem外部関数呼び出し入力により実行が制御されるサブシステム。
Function-Call Generatorサブシステムまたはモデルの実行を制御する関数呼び出しイベントを提供
Function-Call Split関数呼び出しラインを分割するためのジャンクションを提供する
Function-Call Feedback Latch関数呼び出しブロック間でデータ信号を含んでいるフィードバック ループを抜け出す
Triggerサブシステムまたはモデルにトリガー端子または関数端子を追加

トピック

はじめに

条件付き実行サブシステムの概要

条件付き実行サブシステムの概要。

条件付き実行のための参照モデルの変更

条件付きサブシステムと同様に、参照モデルを条件付きで実行する。

出力端子がバーチャルであることを確認

条件付きサブシステムまたはルートレベルの Outport ブロックのオプション。

Enabled and Triggered Subsystem

Enabled Subsystem の使用

制御信号が正の値のときに実行されるサブシステムを作成します。

Triggered Subsystem の使用

トリガー信号によって実行されるサブシステムを作成します。

Enabled and Triggered Subsystem の使用

トリガー信号または正の値をもつ制御信号によって実行されるサブシステムを作成します。

Function-call Subsystem

Function-Call Subsystem の使用

関数呼び出しによって実行されるサブシステムを作成します。

サブシステム出力の初期化

条件付きサブシステムの初期出力値

条件付きサブシステムの初期出力値を指定します。

条件付きサブシステムが無効な場合の出力値

条件付きサブシステムが無効な場合の出力動作を指定します。

簡易初期化モード

条件付きサブシステムの初期値を制御します。

注目の例