ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル コンポーネントのスケジュール

コード生成用のモデルをスケジュールするエクスポート関数、レートベース モデル、分割を作成する

シミュレーションまたは外部スケジューラとの統合用にモデル コンポーネントをスケジューリングするには、アルゴリズムを Atomic Subsystem ブロックまたは Model ブロックに配置しなければなりません。その後、実行レートは周期的 (スケジュールされたサブシステム) または非周期的 (Function-Call Subsystem) として指定されます。

分割は、アトミック タスクとして独立して実行されるモデルのコンポーネントです。マルチタスク モデルで、分割はモデル コンポーネントから作成されます。分割を使用して、スケジュール エディター ツールで明示的に制御できるモデルの部分を区切ることができます。

スケジュール エディターは、分割と呼ばれるモデルのコンポーネント、分割間のデータ接続、分割の実行順序を表すスケジューリング ツールです。スケジュール エディターは、Atomic サブシステム、エクスポート関数、モデル ブロックなどの既存のコンポーネントでのみ使用できます。スケジュール エディターは、モデル コンポーネントのスケジュールを簡単に表示および編集できる対話型ツールです。

ブロック

すべて展開する

Function-Call Subsystem外部関数呼び出し入力により実行が制御されるサブシステム。
Function-Call Generatorサブシステムまたはモデルの実行を制御する関数呼び出しイベントを提供
Function-Call Split関数呼び出しラインを分割するためのジャンクションを提供する
Function-Call Feedback Latch関数呼び出しブロック間でデータ信号を含んでいるフィードバック ループを抜け出す
Triggerサブシステムまたはモデルにトリガー端子または関数端子を追加
Subsystemモデルの階層構造を作成するためのブロックのグループ化
Inportサブシステムの入力端子、または外部入力を作成

ツール

すべて展開する

スケジュール エディターモデル コンポーネント (分割) のスケジュールを表示および編集

トピック

エクスポート関数モデル

エクスポート関数モデル

エクスポート関数モデルの概要とモデル作成の要件。

エクスポート関数モデルの作成

生成コード内に独立した関数を作成する最初のステップ。

入力行列を使用したエクスポート関数モデルのシミュレーションのテスト

入力行列を使用して関数呼び出しイベントのスケジューリングを指定およびテストする。

関数呼び出しジェネレーターを使用したエクスポート関数モデルのシミュレーションのテスト

複数の Function-Call Generator ブロックを使用して関数呼び出しイベントのスケジューリングをテストする。

Stateflow チャートを使用したエクスポート関数モデルのシミュレーションのテスト

Stateflow チャートを使用して関数呼び出しイベントのスケジューリングをテストする。

エクスポート関数モデルのコードの生成

外部スケジューラと統合できる関数のコードを生成する。

レートベース モデルを含むエクスポート関数モデルのコードの生成

関数呼び出しサブシステムおよびスケジュールされたサブシステムを含むモデルからコードを生成する。

レートベースのモデル

レートベース モデルの概要

サブシステムやモデルのスケジュールを指定する。

レートベース モデルの作成

サブシステムの周期レートの設定

Function-Call Generator を使用したレートベース モデルのシミュレーションのテスト

レートベース モデルのシミュレーション

レートベース モデルからのコードの生成

モデルのテスト ハーネスではなく、レートベース モデルからコードを生成します。

明示的にスケジュールされたモデル コンポーネントの並べ替えルール

Simulink® では、モデル コンポーネント (サブシステムと参照モデル) が特定の順序で並べ替えられます。

スケジュール エディターによる分割

分割の作成

分割の概念と、モデルからの分割の作成方法を学習する。

分割のスケジューリング

分割の実行順序とスケジュールの編集方法について学習する。

分割されたモデルからのコードの生成

コード生成時にスケジュールを分割および編集する影響について学習する。

注目の例