ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

コンポーネントベースのモデル化

大規模なモデル化のためのモデル アーキテクチャ、コンポーネントの再利用およびチーム ベースのプロジェクト

Simulink® を使用すると、コンポーネントベースのモデル化とモジュール設計を容易に実行できます。モデルを設計コンポーネントにセグメント化してから、各コンポーネントを個別にモデル化、シミュレート、検証できます。個々のコンポーネントはサブシステムとしてライブラリに保存したり、個別のモデルとして保存したりできます。チーム メンバーはこれらのコンポーネントを並列して作業できます。

Simulink プロジェクトを使用して、必要なファイルの検索、ファイルと設定の管理と共有、ソース管理の使用によって、大規模なモデリング プロジェクトを整理します。

  • モデル アーキテクチャ
    モデルまたはチーム間で共有する再利用可能なコンポーネントの作成、モデル階層構造による視覚的な複雑度の緩和
  • バリアント システム
    異なる仕様をサポートするカスタム モデルのバージョンを作成して重複を避ける
  • 要件のトレーサビリティ
    プロジェクト、モデル、ブロックの中にリンクされている要件の表示
  • プロジェクト管理
    プロジェクトの作成、共有モデル コンポーネントの管理、ソース管理との対話操作、Simulink 環境のカスタマイズ

注目の例