ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

双曲線チャープのスカログラム

信号アナライザーを使用して、双曲線チャープとそのスカログラムを表示します。この例には Wavelet Toolbox ™のライセンスが必要です。

1 kHz で 1 秒間サンプリングされた信号を生成します。信号は 2 つの双曲線チャープで構成されています。チャープの 1 つは 0.1 ~ 0.68 秒でアクティブです。もう 1 つのチャープは、最初のチャープの 2 倍の振幅、1/3 の瞬時周波数です。2 つ目のチャープは 0.1 ~ 0.75 秒でアクティブになります。

n = 1000;
t = (0:n-1)/n;

ff = [1 2]*(sin(pi*[15 5]'./(t-0.8001)).*(t>0.1 & t<[0.68 0.75]'));

チャープは、0.1 秒で開始して 0.7 秒間非ゼロの包絡線によって変調されます。

envl = zeros(size(t));
M = 0.7*n;
envl(n/10+(1:M)) = tukeywin(M,0.8);

nw = ff.*envl;

信号アナライザーで信号を表示します。[表示] タブの [時間-周波数] ▼ をクリックして、[スカログラム] を選択します。

signalAnalyzer(nw,'TimeValues',t)

[スカログラム] タブで、[オクターブあたりの音の数] を最大値に設定します。振幅の下限を 0.5 に設定します。

参考

アプリ

関数

関連する例

詳細