ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コマンド ラインによる信号のプロット

コマンド ラインで信号アナライザーアプリを呼び出すことで、アプリで信号をプロットできます。

1 kHz で 1 秒間サンプリングされた 3 チャネルのランダム信号を作成します。信号アナライザーで信号をプロットします。

signalAnalyzer(randn(1000,3),'SampleRate',1e3)

[表示] タブの [グリッドの表示] を使用して、空のディスプレイを開きます。新しいディスプレイを選択し、[スペクトル] をクリックします。100 Hz で 1 秒間サンプリングされた 2 チャネルの正弦波信号を作成します。正弦波には 5 Hz と 7 Hz の周波数があります。新しいディスプレイで信号をプロットします。

signalAnalyzer(sin(2*pi*[5 7].*(0:100)'/100),'SampleRate',100)

3 つのランダム信号のあるディスプレイを選択します。ランダム信号をディスプレイから削除するために、名前の隣にあるチェック ボックスをオフにします。[時間-周波数] をクリックします。600 Hz で 5 秒間サンプリングされた 2 次チャープを作成します。チャープの初期周波数は 60 Hz で、測定の最後には 240 Hz に増加します。チャープをプロットします。

signalAnalyzer(chirp(0:1/600:5,60,5,240,'quadratic'),'SampleRate',600)

参考

アプリ

関数

関連する例

詳細