ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

信号モデリング

線形予測、自己回帰 (AR) モデル、ユール・ウォーカー、レビンソン・ダービン

Signal Processing Toolbox™ には、信号、システムまたはプロセスを記述する有理伝達関数を推定できるパラメトリック モデリング手法が用意されています。信号に関する既知の情報を使用し、信号をモデル化する線形システムの係数を求めます。Prony 法およびスティグリッツ・マクブライド法の ARX モデルを使用して、与えられた時間領域インパルス応答を近似します。与えられた複素周波数応答に一致するアナログまたはデジタル伝達関数を求めます。線形予測フィルターを使用して共振をモデル化します。

注目の例