Main Content

カスタム ターゲットのサンプル

MathWorks Web サイトには、独自のターゲット ソリューションを作成する開始点として使用できるテクニカル ソリューションが用意されています。これらのソリューションには、カスタム ターゲットを作成するための以下のタスクが説明されています。

  • カスタム プロセッサ上の組み込みコードのメソッド

  • システム ターゲット ファイルの作成

  • makefile とメイン ファイルのカスタマイズ

  • コンパイラ、チップ、およびボードに固有な情報の追加

  • レガシ コードとデバイス ドライバーの統合

  • ブロックとライブラリの作成

  • プロセッサインザループ (PIL) テストの実装

次のオプションを検討します。

  • 次の Web ページから組み込みターゲット開発ガイドの zip ファイルをダウンロードします。

    Is there an example guide on developing an embedded target...?

    zip ファイルには、サンプル ファイルとカスタムの組み込みターゲット開発のガイドがあります。ガイドは、一般的なカスタム ターゲットを作成するためのガイドと Cosmic コンパイラを使用して Freescale™ S12X プロセッサ用のターゲットを作成するためのガイドの 2 つの部分に分かれています。

    組み込みターゲットの開発のためのタスクを理解するために、本書と併せてこのサンプル ガイドを使用してください。

  • 特定のプロセッサ用の詳細なサンプル ファイルは、以下を参照してください。

    これらの例のキットには、サンプル モデル、コード生成ファイル、特定のプロセッサ用にコードを生成およびテストするための手順についての説明が含まれています。Cosmic の例には、プロセッサインザループ (PIL) テスト用のターゲット接続 API 使用の例が含まれています。CodeWarrior® の例には PIL はありませんが、CAN キャリブレーション プロトコル (CCP) および Simulink® エクスターナル モードについてご覧いただけます。

    例のキットの目的は、自分自身のターゲット ソリューションを作成するための基礎として使用できる実例を提供することにあります。Embedded Coder ハードウェア サポート Web ページにリストされている MathWorks® またはサードパーティ製品のようなフル機能搭載の組み込みターゲット製品を提供することを目的としているわけではありません。

  • 例のキット www.mathworks.com/videos/programming-the-freescale-s12x-target-68811.html の概要を説明するビデオを視聴できます。

  • ARM9 (STR9) プロセッサ用のサンプル ターゲットは、「Is there an example ARM9 (STR9) target... using the GNU ARM Compiler and Hitex STR9-comStick?」を参照してください。

特定のターゲットについて疑問がある場合は、mytarget@mathworks.com まで電子メールで送付してください。

例のキットとこのドキュメンテーションでは、カスタマイズ済みの ert システム ターゲット ファイルやプロセッサインザループ テストのような Embedded Coder® の機能を説明します。例は、Simulink Coder™ ターゲットとともに使用する場合の開始点として使用できます。

関連するトピック