Main Content

STF_rtw_info_hook で指定されたターゲット データの置換

MATLAB® Release 14 より前にフック ファイルでターゲット固有の情報に与えられたカスタムのターゲット (STF_rtw_info_hook.m と呼ばれます)。STF_rtw_info_hook 固有のプロパティ。たとえば、整数データ型 (charshortintlong など) 用のワード サイズ、カスタムのターゲットの C 実装固有のプロパティなど。

STF_rtw_info_hook 機能は [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ハードウェア実行] ペインに置き換えられました。このダイアログ ボックスを使用して、STF_rtw_info_hook ファイル内で以前指定されたプロパティを指定することができます。

下位互換性があるため、既存の STF_rtw_info_hook ファイルを利用できます。ただし、ターゲットとモデルを [ハードウェア実行] ペインを使用するように変換しなければなりません。製品ハードウェアとテスト ハードウェアの構成を参照してください。